商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
第234回

猿田彦珈琲(株) 代表取締役 大塚朝之氏


原宿に新業態「The Bridge」
猿田彦珈琲の第2章がスタート

2020/6/16

猿田彦珈琲(株) 代表取締役 大塚朝之氏
 猿田彦珈琲(株)(東京都渋谷区恵比寿1-6-6、Tel.03-5422-6970)は2011年に東京・恵比寿に1号店を開店した。以来、地域密着とホスピタリティに溢れる店づくりでファンを開拓し、現在店舗数は15店にまで拡大してきた。そして原宿駅明治神宮改札前の2階フロアに、新業態「The Bridge」をオープンした。東京23区内では初めての大型店舗となる。今後は地方店出店も視野に入れるなど、「第2章」と位置づける。代表の大塚朝之氏に聞いた。

―― 1号店オープンから9年。ここまではいかがですか。
 大塚 創業から5年経ったあたりで、一時期ばらばらだった面もあったが、今、ようやくチームがまとまってきたことを実感している。猿田彦珈琲のモットーは「たった一杯で幸せになる珈琲屋」。これを愚直にやることだったが、近年は、新店をオープン、直前にスタッフを雇うという流れになってしまい、結果的に現場が必要以上に苦労するなど後手後手になっていて、目指す店になりきれていなかったのかもしれない。
 このため自分たちがやりたいことを今一度整理し、それを浸透させることに心を砕いた。

―― 課題は何でしたか。
 大塚 猿田彦珈琲らしい接客をするための準備不足。そのため、現場に突然放り込まれるような事態になりついて来れない新人スタッフがいたが、三菱商事と資本提携し、資金援助を受けた。主に人材確保、トレーニングに資金を充てた。トレーニングに多くの時間や資金を費やすことで、チームとしてまとまり始め、社内の統制がとれてきた。
 欧州のサッカービッグチームの最新のトレーニング手法やチームをまとめる上で監督が発するメッセージに注目しており、そこには大変ヒントや参考になることが多い。彼らのトレーニニングメソッドから学んだのは、短期間で習得させるには、同じ動きをさせる反復練習ではなく、実際の現場のように全く同じシチュエーションを作らない、本番さながらのトレーニング方法を応用したところ、みるみるスキルを上げた。

―― 最近の出店は。
 大塚 この1年間は池袋、秋葉原、日本橋、下北沢、武蔵小山、原宿に出店した。

―― 原宿駅の店舗は大きなチャレンジが見られます。概要と狙いは。
The Bridgeの店内
The Bridgeの店内
 大塚 3月21日に原宿駅新駅舎内に開業した新業態「The Bridge」は、これまで培ったすべての技術と知識、経験を結集した。また、同店限定のエクスクルーシブのコーヒーライン「The Bridge」を展開する。各国最高峰のコーヒーを独自に厳選しブレンドした「猿田彦の夜明け」や、ウイスキー樽で熟成した薫り高い「バレルエイジドコーヒー」などを揃える。これまで取り扱ってきたコーヒーの価格帯の枠にとらわれず、独自の視点で最高品質のコーヒー体験を提供する。
 つまり猿田彦珈琲として初めての高級ラインで、「松竹梅」の考えに近く、今までは「竹」と「梅」で、高価格帯は1、2品程度しかなく、「松」を実現できていなかったが、原宿では6~7品を提供する。さらに、新たなコーヒー豆の調達を独自に開始し、自分たちがおいしいと思えるものを限界まで挑戦したいと考える。
 昨年2店を閉店したが、余剰になったエスプレッソマシンや家具などをリメイクして、原宿店に厨房や物販棚など、1号店を作った時の想いを込めた。

―― 原宿以外の出店は。
 大塚 おかげさまで地方からの出店要請をいただいている。ただ、都内でも多くの出店余地を残しているので、都内にもっと出したい。

―― 海外展開は。
 大塚 台湾の誠品生活と合弁会社を設立し、現在3店を展開している。まだ成功とはいえないが、定着率は予想以上で、年内に5店目を出店したい。新型コロナウイルス感染症の影響があるためまだ何とも言えないが、終息すれば他のASEAN諸国にも展開を考えている。

―― 以前本インタビュー(本紙17年12月5日号)で、高級ラインや地方出店による「第2章が始まる」と伺っていました。いかがですか。
 大塚 The Bridgeで「第2章」が始まったのかもしれない。培ってきたことを活かすとともに、次のステップに上がるタイミングがちょうど来た。焙煎チームも仕上がってきた。ひとつの課題を解決したらなんとなく良い方向へ循環するようになった。ここから自分たちらしい、猿田彦珈琲らしい取り組みが始まる。


(聞き手・編集長 松本顕介)
※商業施設新聞2341号(2020年4月14日)(8面)
経営者の目線 外食インタビュー

サイト内検索