商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
第223回

(株)UMAMI BURGER JAPAN 代表取締役 海保達洋氏


商業施設中心に積極的に展開
各主要都市への出店も検討

2020/3/24

(株)UMAMI BURGER JAPAN 代表取締役 海保達洋氏
 米国ロサンゼルス発のハンバーガーレストランである「UMAMI BURGER」は2017年3月、日本に上陸した。19年には、フードコート業態の「錦糸町PARCO店」のオープンを皮切りに計4店を出店するなど、好調に店舗数を拡大している。日本展開から3年、足元の状況や今後の展望など、(株)UMAMI BURGER JAPAN代表取締役の海保達洋氏に話を聞いた。

―― 足元の状況から。
 海保 19年は4店をオープンし、現在計6店となった。客層は10代~20代の女性が7割を占めており、青山店は夜はカップル客も多い。店舗形式は青山店やみなとみらい店のようなファインレストランと、錦糸町PARCO店や南町田グランベリーパーク店のようなフードコートの2つで展開している。

―― 店舗形式について。
ファインレストラン形式ではボックス席も設置している
ファインレストラン形式では
ボックス席も設置している
 海保 ファインレストランはナイフとフォークを使用して食べるスタイルで、平均価格帯は2700円ほどだ。フードコートはよりカジュアルで、セットメニューを導入して手ごろな価格帯にすることで、幅広い人が利用できるよう心掛けている。ハンバーガーとともにワインやアルコール類も提供しているので、欧米系の利用者が多いことも特徴だ。

―― 店舗のビジュアルが個性的です。
UMAMI BURGER 青山店
UMAMI BURGER 青山店
 海保 青山店の壁に飾っている絵画や全体内装のテイストなど、店舗共通のデザインスタイルは、米国サンタモニカ店がモチーフだ。日本における各店舗の内装は青山店をモデルにし、統一したデザインでブランドの確立を目指している。
 19年11月にオープンした南町田グランベリーパーク店は、新たに「うま味」に由来したフィフステイストのロゴを導入し、よりブランド性を醸し出したものとなった。そのほか、うま味成分の化学式をデザインに取り入るなど細部に様々なこだわり、ありがたいことにインスタグラムなどSNSでも好評をいただいている。「なんだこれ?」という興味を引く内装を大事にしている。

―― メニュー展開も個性豊かです。
strong> 海保 店名のUMAMIのとおり、うま味を引き出すような食材、調理法、ソースなどに強いこだわりを持ってハンバーガーを提供しており、さらに店舗ごとに地域性などを考慮した限定商品も出している。南町田グランベリーパーク店では、初めて豚肉を使用した「プルドポークバーガー」を販売しており、また、いわゆるインスタ映えのする「ミルクシェイク」や「ファンシーミルクシェイク」は全店で人気の商品だ。ファンシーミルクシェイクの上に載っている綿菓子は一つひとつ手作りで、青山店ではシェイクを作る専用スペースも設けており、サイドメニューでもクオリティの高いものを提供する努力をしている。

―― 今後の出店について。
 海保 立地選定で重視しているのは、ブランドイメージとの親和性の高い土地であるかどうかと、人の目に触れやすい場所であるかどうかだ。UMAMI BURGERの認知度は向上してきているが、店舗はまだ関東に集中しており、ブランドを全国区に広めるにはさらなる努力が必要だ。今後は関東近郊のみならず、各主要都市にも出店を進めていきたいと考えている。
 路面店の予定は今のところなく、条件が完全にマッチする場所があれば前向きに検討するが、まずは商業施設中心に積極的に出店を進めていく。
 また、商業施設への出店を希望いただいたとき、デベロッパー企業に対して、店舗運営を受託できる会社を起用したFC展開を提案している。FCについても取り組んでいきたいと考えている。

―― 今後の展望は。
 海保 ブランドの世界全体の目標は、5年以内に全世界で100店というもの。日本では、上陸後5年で10店というプランを立てていたが、オリンピックが開催されることもあり、商業施設を取り巻く環境にも変化が予想される。オリンピックが終了してから、改めて日本における店舗展開を計画していく予定だ。
 UMAMI BURGERは、「ウマイもの」と「ウマイもの」を掛け合わせてさらに「ウマイもの」を作るというアメリカンなコンセプトもあり、商品の持つうま味に対して絶対的なこだわりを持っている。アメリカのロサンゼルスのように、「うま味の代名詞はUMAMI BURGER」となるのを目指して、ブランドを確立していきたい。

(聞き手・新井谷千恵子記者)
※商業施設新聞2334号(2020年2月25日)(8面)
 経営者の目線 外食インタビュー

サイト内検索