商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/3/16(2387号)主なヘッドライン
時価総額で見る小売・外食業界2021
ファストリが大差で1位、コロナ禍でDgS躍進

ランキングでは「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの強さが目立った
クリックして拡大
 2月15日、日経平均株価の終値は3万84円となり、30年半ぶりに3万円の大台を回復した。アフター・コロナの景気回復を想定した先高観が強まりつつある中、本紙では小売・外食企業の時価総額ランキングをまとめた。小売企業はファーストリテイリングが断トツの首位、2位はセブン&アイ・ホールディングス、3位はイオン。外食では、日本マクドナルドHDが首位で、スシローグローバルHDが2位に躍進した。スシローグローバルHDは京樽を完全子会社化することを発表するなど、今後も各業界は慌ただしく動いていきそうだ。

■ファストリは国内全体でも4位に
 時価総額は発行済み株式数にその時点の株価を掛けたもの。国内企業全体ではトヨタ自動車を筆頭に、ソフトバンクグループ、ソニー、日本電信電話、キーエンス、任天堂など日本を代表する企業が上位に名を連ね、企業力だけでなく時代を映す鏡とも言える。
 小売業界の時価総額ランキングトップは、11兆1377億3400万円で「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリング。レナウンが倒産し、オンワードHD、ワールドが大規模なリストラを進めるなどアパレルが大不況の中で、株価は一人勝ち状態。2位のセブン&アイHDとの差を約3倍に広げた。同社は国内全体の時価総額ランキングでも4位に位置しており、先日は「ZARA」などを展開するインディテックスの時価総額を抜いたことがニュースとなった。

(以下、本紙2021年3月23日号1面)



関東/中部
ルミネ、今春約110店をリニューアル、新宿エリア拡充など
近畿/中国
イオンタウン茨木太田、51店で3月27日開業、年間530万人の来場見込む
九州/四国
鹿児島・ライカ1920、4月23日先行開業
小売業界動向
藤久 21年6月期下期、改装、美観修繕を推進
街づくり/都市開発
上瀬谷・テーマパーク誘致、三菱地所も参画へ
ホテル&サービス
lyf、6月に日本初進出、交流促進型のホテル
ロジスティックス
プロロジス、新サービスを開始、短期、小規模の賃貸
店舗・施設関連
JR東日本、VRで観光・物産展再現、東京駅で青森を体験へ
外食産業動向
時価総額で見る小売・外食業界2021、外食1位はマクドナルド、回転寿司が数社ランクイン



【連載】
デベロッパーに聞く ロジ革命 わが社の戦略 No.8
オリックス不動産(株) 投資開発事業本部 副本部長 久保田勲氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.32
守山市湖岸
ウォッチ 消費経済 economy of consumption No.11
2021年予測(下)
キーマンが語る街づくり No.2
(株)machimori 代表取締役 市来広一郎氏



開店フラッシュmini
LAKOLEシャポー本八幡店
サイト内検索