商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/8/27(2309号)主なヘッドライン
高級ホテル、五輪後も続々開業へ
「ブルガリ」「W」など初上陸、海外富裕層取り込み狙う

22年末には東京駅前の再開発ビルに「ブルガリ ホテル 東京」が開業する
クリックして拡大
 高級ホテルがオープンラッシュを迎える。東京オリンピック前だけでなく、むしろオリンピック後こそ本格的に増える見通しで、「W OSAKA」「ブルガリホテル東京」などの外資系ブランドが日本初上陸する。今後、整備が本格化するIR施設にも外資系高級ホテルの開業が予想され、北海道苫小牧市では「フォーシーズンズ・ホテル」を導入する構想もある。日本には足りないと言われている高級ホテルがどのように拡大するのか注目だ。

■エディション、JWマリオットなど各地で開発進む
 東京オリンピックの開幕まで1年を切った。2019年1~6月の訪日客数は約1663万人となり、前年を超えるペースで推移している。これに伴い、東京、大阪、京都などを中心にホテル開発が進むが、かつてないほどの開業ラッシュを迎えようとしているのが高級ホテルだ。これまで日本は“高級ホテル不毛の国”と言われており、外国人富裕層の観光客を呼び込むにあたって障壁とされていた。しかし東京オリンピックの開催決定とともに再開発が加速し、この再開発ビルに高級ホテルを中心に誘致する動きが活発化した。

(以下、本紙2019年8月27日号1面)



関東/中部
中部国際空港 第2ターミナル、免税やカフェなど14店
近畿/中国
ヨドバシ梅田タワー 商業施設、名称はリンクスウメダに
九州/四国
ダイレックス、天草市に店舗1375m²
小売業界動向
エイチ・ツー・オー リテイリング、19年度は77億円投資
ウェルパーク、19年度出店は10店
街づくり/都市開発
白金一丁目東部北地区再開発、総延べ13.4万m²で着工
ホテル&サービス
オリックス不動産、箱根町強羅に旅館
ロジスティックス
ESR、川崎夜光DCを建設
店舗・施設関連
シンエイ、G-LIGHT、屋外用LED照明商品化
外食産業動向
アークランドサービスHD 19年度下期、新店約60店を計画



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.310
秋田ステーションビル(株) 代表取締役社長 高木浩一氏
商業施設の元気テナント No.230
(株)ロフト 代表取締役社長 安藤公基氏に聞く
新・渋谷 ~レボリューション'19~ No.4
東京急行電鉄(株) 渋谷開発事業部
   渋谷運営グループ課長補佐 杉本里奈氏に聞く
サイト内検索