商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/3/17(2337号)主なヘッドライン
広島市内、2大街づくり始動     
新駅ビル、旧市民球場跡

広島新駅ビルイメージ
クリックして拡大
 広島市内で、2大街づくりが始動する。その象徴である新広島駅ビル工事が今春から始まる。商業施設やホテル、広島電鉄の路面電車が乗り入れ、駅と市中の移動性が高まる。市中では、紙屋町・八丁堀でのサッカースタジアム建設地がまとまり、旧市民球場跡地を含む周辺一帯の再整備が加速する。新交通システム「アストラムライン」延伸で、人の流動も増しそうだ。市内の多彩な開発計画も賑わいづくりを後押しする。

■過去10年は広島駅周辺に開発集中
 ここ10年は、広島駅周辺の開発が活発化した。2009年に広島駅東側のヤード跡地地区で新広島市民球場「マツダ ズーム・ズーム スタジアム広島」が開場したことを皮切りに、広島駅を中心とした人の流れができた。駅北側では医療機関の整備や、直近で複合施設の「グラノード広島」が開業するなど二葉の里土地区画整理事業が進んだほか、南側でも駅南口再開発事業のB・Cブロックにおいて、「エキシティ・ヒロシマ」「ビッグフロントひろしま」が続々オープン。エディオン蔦屋家電、ビックカメラが進出し、駅周辺で不足していた家電業態が充実し活気を見せている。

(以下、本紙2020年3月17日号1面)



関東/中部
JR東日本グループ、首都圏エキナカ商業空間、12駅に71店が出店
近畿/中国
南海電鉄、なんばパークス、18日に改装オープン
九州/四国
JR鹿児島シティ、アミュプラザ鹿児島改装、今春11店オープン
小売業界動向
東急ハンズ、Plugs Market、大丸下関店に2号店
イオンリテール、レジゴーを本格展開
街づくり/都市開発
羽田空港跡地第1ゾーン、7月初旬に先行開業
ホテル&サービス
東急不動産とヒルトン、21年秋、鏡石にLXR
ロジスティックス
小田急不動産、物流事業に進出
店舗・施設関連
東芝テック、小型ラベルプリンタ、2機種を3月末発売
外食産業動向
くだものかふぇ、国内外で150店構築



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.330
三井不動産㈱ 商業施設本部 アウトレット部長 坂ノ下忍氏
駅激戦区 人×商業 新路線編 No.1
都心・臨海地下鉄新線
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.53
㈱コスモスホテルマネジメント 代表取締役社長 藤岡英樹氏



開店フラッシュmini
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋
サイト内検索