商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/11/19(2321号)主なヘッドライン
ジュエリー、SC立地に磨き     
百貨店から都心型に照準

アダストリアのジュエリー業態「パティエラ」
クリックして拡大
 ジュエリー(宝飾品)市場では、女性の自家需要が高まるなか、感度の高い都市型SCや、郊外でもアパレル店出店比率が高い郊外型ショッピングセンター(RSC)が有望出店地としてジェエリーショップ各社から熱い視線が注がれている。これまでは百貨店を中心に拡大してきたが、近年の相次ぐ百貨店の閉店で、新たな出店地が求められていた。SCへの出店においては、アパレルや服飾雑貨ショップとの買い回りを創出できる業態開発が求められ、各社はブランドの生き残りをかけて商品や店づくりに磨きをかけている。

■女性の自家需要が増加
 1980年代のバブル景気とともに成長したジュエリー市場は、記念日などの特別な贈り物というギフト需要が主流であったが、これに加えて近年のジュエリー市場を支えているのは、女性の自家需要とインバウンドだ。特に、働く女性が増える中で“自分へのご褒美”や“上質なアクセサリー感覚”で購入したり、トータルコーディネートでお洒落を楽しめるように、デザイン性も一層高まっている。
 矢野経済研究所によると、2018年国内ジュエリー小売市場は、前年比101%の9567億円(小売り金額ベース)で、13~17年同様に微増ながらプラス成長を維持している。19年は同106.9%の9941億円、20年は東京五輪開催に伴うインバウンドの需要増加も見込まれるため、同100.5%の9990億円と予測。専門店の花形でもあるアパレル業態の厳しい状況が続くのに対し、ジュエリーは堅調な業態だといえる。

(以下、本紙2019年11月19日号1面)



関東/中部
三菱地所・サイモン、ふかや花園プレミアム・アウトレット、
  1期を22年秋オープン
近畿/中国
ジョイアーバン、米子高島屋東館開発、新複合施設11月22日開業
九州/四国
三井不動産、TENJIN 216、12月13日改装オープン、
小売業界動向
USMH、19年度は9店出店
三陽商会、LOVELESS青山、30日に移転オープン
街づくり/都市開発
Otemachi One、ホテルと約30店など出店
ホテル&サービス
星野リゾート、ホテル開発 10以上計画
ロジスティックス
三井倉庫HD、加須市に2.3万m²新設、21年6月竣工目指す
店舗・施設関連
ノジマとパナソニック、電子棚札を全184店導入
外食産業動向
野村不動産、GEMS栄を21日開業



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.317
静鉄プロパティマネジメント(株) 代表取締役社長 川井敏行氏
Jプラン鳥山の だから開発はオモシロイ No.58
生き残りをかけて
新・渋谷 ~レボリューション'19~ No.9
(株)丸井 渋谷マルイ・渋谷モディ 店長 小倉宏行氏に聞く



開店フラッシュ
COREDO室町テラス
開店フラッシュmini
GRIDS 東京 上野駅前
サイト内検索