電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
技術で勝ち、ビジネスでも勝つために
SiCパワーデバイスの最新動向と標準化対策

  開催日
2014年6月13日(金)講演会12:55~17:00 懇親会17:10~18:30
  会場
大阪/西梅田 U's2(ユーズ・ツウ)
  参加費
10,000円+消費税/1名(テキスト・懇親会の実費)
  定員
50名※定員に達し次第、お申込みを締め切らせて頂きます

多数のお申込みありがとうございました。


「技術で勝ち、ビジネスでも勝つ」。卓越したデバイス性能/機能に加え、高信頼性を有しているならば、当然、マーケットを制することができます。ところが、長年にわたり、日本の半導体産業はこの構図が描けません。「技術で勝ちながら、ビジネスでは負ける」。なぜでしょうか。それは事業戦略推進の中に、規格の有効利用を失念しているのが原因のように思われます。とりわけ欧州陣営は規格を標準化として持ち込み、ビジネス戦略を優位に運ぶ手腕があるようです。標準化をコモディティとして捉えるのではなく、デファクトへの方向性を、我々日本陣営も注意深くウォッチングする必要がありそうです。
そこで、今回のPDEAセミナーでは、SiCパワーデバイスの最新動向とともに、標準化とビジネス戦略の因果についてもパネルディスカッションで探っていきます。
ぜひ、同セミナーにご参加いただき、貴社の事業戦略構築のための要素情報としてお役立てください。
■ プログラム
12:55-13:00
 主催者挨拶
パワーデバイス・イネーブリング協会 事務局長 荒川則雄
第1部 SiCパワーデバイスの最新動向
13:00-13:50
 電鉄分野へのSiC搭載に向けて
~ 高速鉄道車両用インバータへの展開を目指して ~
東京工業大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻
「鉄道の技術イノベーションと標準化(JR東日本)」寄附講座
特任教授 渡邉朝紀
東京メトロの新形電車のインバータにSiCデバイスが搭載された。電車の電気ブレーキ作動領域が大幅に拡大され,運転しやすく,省エネルギーになったほか,インバータの質量,体積とも従来の65%になった。電気機器の小型軽量化は特に高速鉄道車両の更なる高速化において,喫緊の課題となっている。世界中で鉄道プロジェクが目白押しとなっているが,インフラビジネスは国内外で大きな違いがあり,本講演では国内の優れたデバイス技術を世界市場に広めるには,どのような障害があり,克服するためには,ビジネスの各ブレーヤーはどのような戦略をもって,どのように変身しなければいけないかについて考察する。
 
13:50-14:40
 超高耐圧対応のSiCパワーデバイス
独立行政法人 産業技術総合研究所
先進パワーエレクトロニクス研究センター 統括研究主幹 福田憲司
超高耐圧領域のSiCパワーデバイスは、太陽光発電、風力発電が電力系統に大量に導入されることにより発生する電圧変動の調整装置であるSVR,STATCOM,LBC等や、高速鉄道の電力変換装置等において、小型化による軽量化、省エネ化のために大きな効果をもたらすことが期待されている。今回は、このような目的のために開発された耐圧10kV以上のSiC-PiNダイオード、IGBTの開発状況について、デバイス構造、プロセス、電気特性(静特性、動特性)について報告する。
 
14:40-14:50
 パワーデバイス・イネーブリング協会の紹介
14:50-15:10 ブレイク
第2部 ビジネスにおける標準化対策
15:10-15:30/発題
 パワーデバイスをめぐる標準化とビジネス戦略
千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科 教授 山本秀和
パワーデバイスに限らず、欧米は標準化を強力に推し進めてくる。パワーデバイスはパッケージ設計が重要であり、一旦形状が決まると、後発のメーカには参入障壁が高くなる。また、ウエハ仕様に関しては、6インチウエハの形状は、欧米と日本で異なっている。欧米主導でSiCウエハの仕様が決定されると日本にとっては不利になる可能性がある。ただし、日本が強力に標準化を牽引するのは、得策とは思えない。300mmシ リコンウエハの世界標準策定に加わった経験から、標準化の課題について問題提起したい。
 
15:30-17:00/パネルディスカッション
 問題提議と司会:山本秀和氏(千葉工業大学)
      パネラー:立本博文氏(筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 准教授)
            渡邉朝紀氏(東京工業大学大学院)
            福田憲司氏(産業技術総合研究所)
17:10-18:30
 懇親会
※講演者、講演タイトルは都合により変更することがありますので、ご了承下さい。
■ セミナー概要
  開催日
2014年6月13日(金)講演会12:55~17:00 懇親会17:10~18:30
  参加費
10,000円+消費税/1名(テキスト・懇親会の実費)
  定員
50名※定員に達し次第、お申込みを締め切らせて頂きます
  会場
大阪/西梅田 U's2(ユーズ・ツウ)
  主催
(一社)パワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)
  協賛
(株)アドバンテスト
  後援
東京大学VDEC
  特別協力
(株)産業タイムズ社
■問い合わせ先
○パワーデバイス・イネーブリング協会
    事務局TEL:03-3214-7552