産業タイムズ社
新聞情報紙のご案内・ご購読 書籍のご案内・ご購入 セミナー/イベントのご案内 広告のご案内
セミナー
中国の電子デバイス産業の最新動向(2022年中期)
~半導体・FPD・PV・LiB・新エネ車・スマホ・5Gなどの業界の最新情報~

  日時
2022年7月26日(火)13:30~17:00
  開催方法
Web会議ソフト「Zoom」を使用してのオンライン配信
  主催
電子デバイス産業新聞
  参加費
33,000円(税込)/1名 (資料ダウンロードあり)
  講師
(株)産業タイムズ社 黒政 典善 上海支局長
  申込締切
7月25日(月)

 2022年の世界経済は3月を境に急変しており、上海ロックダウンによる中国の生産と国際物流の混乱、ロシアのウクライナ侵攻による欧州経済の停滞、米国のインフレと脱QE政策の舵取りが失敗した場合のバブル懸念など、世界経済危機に発展しかねない不確定要素に満ち溢れています。上海ロックダウンによる社会混乱は4~6月の3カ月間におよび、自動車やEMS工場は5月から徐々に生産を再開しているものの、半導体やプリント基板などのサプライチェーンが停止していた影響で減産状態が続いています。半導体工場はロックダウン中も稼働を続けていましたが、実際には作業員や資材が不十分で生産活動に支障をきたしていたようです。上海の4月のIC生産量は、前年同月比65%減、通常の1/3の量しか生産できていません。また、エアコンの生産台数は0台、新エネ車は65%減、PVは95%減、エレベーターは95%減と惨憺たるものでした。
 一方で、中国政府は経済テコ入れのためデジタルインフラ投資を加速しています。インフラ投資の10%増額やレベニュー債(地方政府がインフラ関連などの事業目的別に発行する債券)プロジェクトの前倒しなどを実施しており、対象は5Gや新エネルギー開発(PVと風力)、監視カメラやスマート交通システム、港湾施設のIoT化などに広がっています。「東数西算」(データセンターを西部に集める国家戦略)を重視し、今年は8兆円弱を投資する見通しです。22年はコンシューマー製品よりもデジタル社会インフラ向け投資に業界の注目が変わる年となるでしょう。
 本セミナーでは、上海ロックダウンの今後の影響と年後半の回復状況を現地記者の目線で大胆に予測し、また半導体やFPD、PV、LiBなどの4大デバイスを中心に、中国の新エネ車やスマートフォン、5G通信インフラなどのエレクトロニクス業界の最新動向について解説します。中国市場に特化したこれらの分野の情報収集に是非ご活用ください。


■ 【プログラム】
13:30~15:10

 「中国の半導体とFPD産業の今後、上海ロックダウン後の投資動向と国産化進展など」
 ~半導体・LCD・有機ELの市場と投資、米中制裁や半導体不足などのトピックスについて
 
 
 
15:10~15:30 休憩
15:30~17:00

 「中国のPVとLiB産業の今後、新エネルギーシフトとデジタルインフラ投資など」
 ~PV・LiB・EV・充電設備・5G・データセンター、中国経済や電力・自動車などのトピックス
 
   
 
※講演タイトルは都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。

 
◆ 当日のご参加方法
  Web会議ソフト「Zoom」にてオンラインでセミナーをご視聴いただきます。(ブラウザーでもご視聴いただけますが、Zoomアプリのインストールを推奨します)セミナーへのご質問はZoomを通じてお受けいたします。(すべてのご質問にご回答はできませんのでご了承ください)詳しいご参加方法につきましては、2022/7/22(金)(予定)にメールにてご案内させていただきます
※セミナーへの御参加はお申込をされたご本人様のみとなります。複数名での視聴はご遠慮ください。また参加URLの拡散は固くお断り申し上げます。
■ キャンセルについて
●2022/7/22(金)より100%のキャンセル料を申し受けます。ご視聴されない場合も、ご連絡がない場合にはキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
●開催2日前(弊社営業日換算)以降の参加者様の変更につきましてはキャンセル料が発生いたします。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    TEL:03-5835-5894 FAX:03-5835-5497
    Email:pd@sangyo-times.co.jp
新型コロナウイルス感染症対策として、現在弊社ではリモートワークを導入しております。
ご不便をおかけいたしますが、お問い合わせにつきましては、なるべくメールでのご連絡をお願いいたします。