産業タイムズ社
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
ウィリアム・ショックレー・メモリアル特別セミナー
半導体産業の無限の可能性を徹底追求する!!
~爆裂成長で100兆円市場に向かう半導体は、次世代自動車とデータセンターがコア~

  日時
令和3年3月10日(水)14:00~16:50
  配信方法
Web会議ソフト「Zoom」を使用してのオンライン配信
  受講料
25,000円+税/1名
(資料ダウンロードあり)
  申込締切
3月9日(火)

 電子デバイス産業新聞は、おかげさまを持ちまして2021年1月、発刊30周年を迎えました。これからも、読者の皆様のニーズに対応できる内容の紙面およびセミナー/カンファレンスを全力投球で構築していく所存であります。
 さて、毎年の恒例行事として開催されるウィリアム・ショックレーのトランジスタ発見を記念するセミナーは、例年11月下旬に開催しておりましたが、今回につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大により、2021年3月10日(水)にオンラインで開催されることとなりました、 5G高速のインフラづくり、次世代自動車の加速、データセンターの巨大投資、さらには家電やスマホの復活、ゲーム機の大躍進などを背景に、半導体産業はこれまでの50兆円市場から、ほぼ倍増の100兆円市場が視野に入ってまいりました。
 今回の講演では、EV、ハイブリッド車、燃料電池車などのエコカー、および自動運転車、コネクテッドカーなどの「次世代自動車」、およびメモリー、CPU、GPUなどの先端デバイスを数多く採用する「データセンターの巨大設備投資」の2つを主軸に据えたセミナーとなります。
 講演者のトップバッターは、半導体業界最古参の記者として今も前線で取材活動を続ける泉谷渉(産業タイムズ社 代表取締役社長)が務めます。ちなみに、泉谷渉は先頃『日本専門新聞協会賞(功績賞)』を受賞しており、この受賞記念講演ともなるものです。
 二番目は、世界が注目する次世代メモリー、MRAMの開発で国内外に知られる東北大学の遠藤哲郎教授にご登場いただき、最新の技術動向をご講演いただきます。
 三番目は、日本電子デバイス産業協会の齋藤昇三会長が登場されます。自動車、データセンター、さらにはスマートタウンを構築するエッジコンピューティングの現状と展望を語っていただきます。
 皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

■ 【プログラム】
14:00~14;50

 
 100兆円の巨大市場に向けて急上昇する半導体産業の無限の可能性
~自動車業界とデータセンターの巨大投資計画と、世界を覆う半導体の一大増強プラン~

 
㈱産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷渉
 14:50~15:00 休憩
15:00~15:50

 
 世界が期待するMRAMは、AI、自動車の分野に拡大してきた
~メモリー、AI/プロセッサなどのSoCを実現する最先端技術を一気紹介~

 
東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長 遠藤哲郎
 15:50~16:00 休憩
16:00~16:50

 
 IoT社会構築には、エッジシステムのプラットフォーム化が絶対条件
~エッジ・デバイスの特性、機能の方向性を徹底分析~

 
一般社団法人日本電子デバイス産業協会(NEDIA)代表理事・会長 齋藤昇三
※講演タイトルは都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。

 
 
セミナー参加申込みはこちら
◆ 当日のご参加方法
  Web会議ソフト「Zoom」にてオンラインでセミナーをご視聴いただきます。(ブラウザーでもご視聴いただけますが、Zoomアプリのインストールを推奨します)セミナーへのご質問はZoomを通じてお受けいたします。(すべてのご質問にご回答はできませんのでご了承ください)詳しいご参加方法につきましては、3/8(月)(予定)にメールにてご案内させていただきます。
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  3/8(月)より100%のキャンセル料を申し受けます。
  ご視聴されない場合も、ご連絡がない場合にはキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    TEL:03-5835-5894 FAX:03-5835-5495
    Email:pd@sangyo-times.co.jp
     新型コロナウイルス感染症対策として、現在弊社ではリモートワークを導入しております。
   ご不便をおかけいたしますが、お問い合わせにつきましては、なるべくメールでのご連絡をお願いいたします。