産業タイムズ社
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
半導体はどうなる 2021
― 米中対立、コロナ禍の逆風下でも力強く成長、21年の市場展望を占う ―

  日時
2021年1月14日(木) 10:00~18:00
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ アキバホール
(会場にてご聴講いただくコースと、ライブ配信にてご聴講いただくコースの2通りを選択いただけます)
※会場参加コースは定員に達しましたため、お申し込みを締め切らせていただきました
  主催
電子デバイス産業新聞
  参加費
45,000円+税/1名
(資料ダウンロード、期間限定オンデマンド配信あり)
※会場参加コース(J98)、ライブ配信視聴コース(J99)
 どちらも同額です。
※お食事・お飲み物のご用意はございません
  申込締切
2021月1月13日(水)※定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。

 WSTS(世界半導体市場統計)が2020年6月に発表した最新予測によれば、20年の半導体市場は前年比3.3%増の4260億ドルとプラス成長が見込まれています。19年12月段階の5.9%増の成長見通しからは若干引き下げられたものの、引き続きプラス成長の見通しが堅持されています。世界規模で新型コロナウイルスの感染が広がり、多くの産業が甚大なダメージを受けているなか、半導体市場がプラス成長を達成できそうなことはまさに例外的なことといえます。
 今回の新型コロナは短期的にはマイナス影響が一部で出ましたが、中長期的な視点に立てばプラスの側面が多くありそうです。日本でも急速に広がったテレワークや在宅勤務などワークスタイルの変化はその好例です。リモート環境で業務を行うことから、結果的にクラウド需要の拡大をもたらしているほか、短期的にはパソコンの需要拡大にもつながりました。また、オンライン学習の導入など教育現場も変化を余儀なくされており、タブレット端末などの需要も伸びました。
 こうした変化は一時的なものではなく、今後新しいスタイルとして定着していくことが予想され、それらを実現するうえで半導体は欠かせない基盤となっています。もともと、半導体産業はAIや5G、IoTなどを牽引役に新しい成長フェーズに入ってきたとみられていましたが、今後はその成長スピードがさらに加速しそうな気配です。
 ただ、米中貿易摩擦の激化など不安材料も多く残されています。ファーウェイへの制裁強化に始まり、中国半導体大手への制裁も検討されています。ただ、国家レベルで半導体産業を育成するという方針に変化はなく、今後もアグレッシブな計画が出てくることが予想されます。
 本セミナーでは各方面で活躍されるアナリストなどを招き、21年以降の半導体市場について短期・中長期の両面から占っていきます。是非とも今後の事業戦略の策定にご活用ください。

本セミナーには2コースのご参加方法がございます。下記は共通のご案内となります。

●セミナー資料は事前にダウンロードをお願いいたします。(一部投影のみの資料がございますのでご了承ください。)
●セミナー後、2021年1月20日朝~1月22日夕方までWebブラウザにてセミナー録画データをご視聴いただけます。
●資料ダウンロード方法、オンデマンド配信視聴方法は2021/1/12(予定)にメールにてご案内させていただきます
<会場参加コース>
会場に実際にお越しいただき、ご参加いただきます。
紙での資料のご提供はありません。
必要な方は事前に指定URLより資料データを印刷の上ご持参ください。
※会場参加コースは定員に達しましたため、お申し込みを締め切らせていただきました
<ライブ配信視聴コース>
Webブラウザにてセミナーのライブ中継をご視聴いただきます。インターネット回線が安定した環境下でご受講ください。セミナーへのご質問は当日フォームよりお受けいたします。(すべてのご質問にご回答はできませんのでご了承ください)詳しいご参加方法は2021/1/12(予定)に送信させていただくメールにてご案内いたします。
*同セミナーにお申込された方には、パネルディスカッション用の「質問用紙」をメールにて送信いたします。パネラーの方にお聞きしたいことなど、ご質問内容をご記入の上、2021年1月12日(火)午前中までに、弊社指定のメールアドレスにご返信ください


■ 【プログラム】

 
 主催あいさつ

 
電子デバイス産業新聞 編集部 副編集長 稲葉 雅巳
10:00-11:00(60分)

 
 2021年から半導体開発バブルが始まる~米中ハイテク覇権争いの行方と日本企業の生き残り方

 
Omdia シニアコンサルティングディレクター
南川 明
11:00-12:00(60分)

 
 2021年の電子デバイス業界見通し

 
電子デバイス産業新聞 編集部 編集長 津村 明宏
 12:00-12:50 休憩
12:50-13:50(60分)

 
 中国半導体産業の最新動向~SMICショックの次に何が起こるのか?

 
電子デバイス産業新聞 上海支局長 黒政 典善
※上海からのオンライン中継となる予定です
  13:50-14:00 休憩
14:00-15:10(70分)

 
 半導体製造装置市場の最新動向(仮)

 
みずほ証券㈱ エクイティ調査部 アナリスト 山本 義継
 15:10-15:20 休憩
15:20-16:30(70分)

 
 シリコンウェーハから見る半導体産業の見通し
㈱SUMCO 技術本部  小森 隆行
  16:30-16:40 休憩
16:40-18:00(80分)/パネルディスカッション

 
 半導体・エレクトロニクス産業はどうなる

司  会:稲葉 雅巳(電子デバイス産業新聞)
パネラー: 南川 明(Omdia)
山本 義継(みずほ証券)
小森 隆行(SUMCO)
津村 明宏(電子デバイス産業新聞)
黒政 典善(電子デバイス産業新聞)
森松 祥一(三菱マテリアル)

 
※講演タイトル、講演者は都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。

 
 
ライブ配信視聴コース申込み
■ 新型コロナウイルス感染予防対策につきまして(会場参加コースの皆様へ)
  開催にあたりましては、消毒液の常備、スタッフのマスク着用等、感染を防ぐため万全の対応をいたす所存です。また座席については、密接しないよう、間隔をあけてお掛けいただくようにいたします。

また、ご参加の皆様におかれましても、セミナー時間中のマスクご着用、手洗いや消毒液のご使用など、ご協力をお願い申し上げますと同時に、風邪の諸症状がおありの場合は参加をお控えいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。
(ご入室時に受付で検温へのご協力をお願いいたします。37.5度以上の場合、ご入場をお断りすることもございます。)
また当日は間近での会話を避けるため、講師への質問はセミナー時間内にお席にてお願いいたします。
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  2021年1月12日(火)より100%のキャンセル料申し受けます。ご了承下さい。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    FAX:03-5835-5495 TEL:03-5835-5894
    Email:pd@sangyo-times.co.jp
     新型コロナウイルス感染症対策として、現在弊社ではリモートワークを導入しております。
   ご不便をおかけいたしますが、お問い合わせにつきましては、なるべくメールでのご連絡をお願いいたします。