電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
次世代電動車両の開発に向けた蓄電技術とバッテリーマネジメント

  開催日
2016年3月16日(水)13:00~17:00
  会場
東京・あすか会議室 神田小川町会議室401
  参加費
48,000円(税込)※資料代含む
※メルマガ登録者は 43,000円(税込)
  主催
(株)シーエムシー・リサーチ

多数のお申込みありがとうございました。


 電気自動車への関心が高まる中で、様々な分野で大規模電池システムの設計や製造が検討されている。これらのシステム化は電池メーカーが中心になって開発されてきたが、最近では新規に参入するメーカーにおいても開発が行われている。 本セミナーでは電池の特性を理解し電動車両の開発に向け、電池の「長寿命化」「安全性向上」「高効率化」を支えるバッテリーマネージメントシステム(BMS)の要素技術や次世代電池について解説する。
■ プログラム
13:00-14:10(質疑含)
 電気二重層キャパシタ(EDLC)の原理と自動車、大型バス、電車での世界の実用化例
1.電気二重層キャパシタ(EDLC)の原理と二次電池との相違
2.キャパシタ(EDLC)の主な機能
3.低抵抗キャパシタの重要技術
4.EDLCの回生制動の実用化例
  4.1 回生制動の基本構成図
  4.2 自動車での実用化例
  4.3大型バス、市電、地下鉄での実用化例
  4.4 建機での実用化例(建設機械、ブルトーザでの実用化例)
  4.5待機電力の省エネ化例(複写機、エレベータ、TV等)
  4.6 その他
5.将来展望
西野技術士事務所 所長
西野 敦 氏
14:20-15:30(質疑含)
 EVに適したLiBの開発とそのBMS及びアクティブCellバランサ
1.EVに適したLiBの開発
  1.1 電気自動車の課題
  1.2 Li Bに求められる性能機能
  1.3 課題の対応策
  1.4 蓄電装置の設計の考え方
2.LiB組電池のBMSの開発
  2.1 BMS必要性
  2.2 BMS機能の構成
3.LiB組電池のアクティブCellバランサ(ACB)の開発
  3.1 各種セル容量バランサ方式
  3.2 各種方式によるACB作動原理
  3.3 効果
㈱EVTD研究所 代表取締役 (前日野自動車HV開発部部長)
小池 哲夫 氏
15:40~16:50(質疑含)
 蓄電&発電デバイスの基礎と特性、EVと燃料電池車FCVのエネルギーコストを軸に
1.リチウムイオン電池の現状と課題
  1.1生産統計とコスト
  1.2 3Rなど社会システムとの関係
  1.3 用途と特性の整合性
2.EVなど蓄電デバイスの特性
  2.1 エネルギー特性のレベルと向上策
  2.2パワー特性と回生特性
  2.3 安全性、規格など関連事項
3.燃料電池車FCVの登場とEV、PHVとHVの位置付
  3.1 発電・畜電デバイスのkWhと走行距離
  3.2 燃費と電費 km/kWh
  3.3 水素エネルギーの体系
4.ポスト・リチウムイオン電池(1)
  4.1 研究の動向(54th~56th電池討論会)
  4.2 高容量硫黄系正極剤の事例解析
  4.3 ナトリウム(イオン)正極剤の事例解析
  4.4 全固体電解質セル
5.ポスト・リチウムイオン電池(2)
  5.1(メタル/空気)電池のポテンシャル
  5.2 開発事例
泉化研(株)代表
(元呉羽化学工業 技術担当部長/元三井物産PM/元ENAX 先端技術室長)
菅原 秀一 氏
※プログラム充実のため内容が変更になることもあります。
■ セミナー概要
  開催日
2016年3月16日(水)13:00~17:00
  会場
東京・あすか会議室 神田小川町会議室401
  参加費
48,000円(税込)※資料代含む
※メルマガ登録者は 43,000円(税込)
  主催
(株)シーエムシー・リサーチ
■問い合わせ先
○ (株)シーエムシー・リサーチ
    東京都千代田区神田錦町2-7
    TEL03-3293-7053