電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
世界のリチウムイオン電池産業の実際とビジネスモデル
-韓国・中国・欧州の電池産業の実態を探る-

  開催日
2014年12月12日(金)/10:30~16:30
  会場
東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館 3F 350 会議室
  参加費
48,600円/1名(税込・昼食代含)

多数のご参加ありがとうございました。


 技術に優れた日本のリチウムイオン電池が、ソニーの開発から20年以上を経て、その座を韓国メーカーに奪われた。10年以上に渡り利益を享受した日本の電池・材料メーカーは、今後どのように進んでいくのか。今や日本の工業製品の大事な顧客である韓国や中国、欧州といった国との国際分業に移行するのは必須になってくる。
 本セミナーでは、日本のリチウムイオン電池と材料メーカーが、もう一度世界のトップになるために何が求められるのか。ソニーで世界初のリチウムイオン電池を実用化した際の生みの親と育ての親が、中国や欧州、米国のリチウムイオン電池産業の実際を多くのエピソードを交えて講演する。
10:30~12:10
 講演:技術経営を通じて把握できた日韓電池産業の強みと弱み
  講師:名古屋大学客員教授 兼 エスペック(株)エグゼクティブアドバイザー(前サムスンSDI常務) 佐藤 登 氏

  1. モバイル用リチウムイオン電池の展望
  2. 二次電池のリコールと事故の歴史
  3. 車載用リチウムイオン電池の展望
  4. 部材関連事業
  5. 韓国産業界のLIB事業
  6. 車載用電池における関心事項
  7. 車載用電池の開発効率向上策
  8. 電池業界と自動車業界の競争力比較
  9. 今後の電池業界のグローバル競争力とあるべき姿

 
13:00~14:40
 講演:韓国企業VS.中国企業、USAの可能性のある巨大な新市場とは?
  講師:(株)Coccolo代表取締役、東通工(株)代表取締役(元米国ソニー副社長) 豊郷 和之 氏

  1. 中国のLiイオン電池の製造現場の状況
  2. 韓国のLiイオン電池のメーカーの悩み
  3. Liイオン電池における課題とは
  4. ペンタゴンの裏話 など

 
14:50~16:30
 講演: 中国・欧州のリチウムイオン電池産業の動向
  講師:エナックス(株)前代表取締役社長 小沢 和典 氏

  1. 中国は、リチウムイオン電池企業が1000社を超えると言われ統計もあるがあてにならないが、国家の重要課題となっているのでその研究機関を加えるとその規模は想像を絶するものがある。従って、中国のリチウムイオン電池の産業状況を数時間の話しにまとめることは不可能であるが、焦点を絞って、一般にあまり知られていないが大きなインパクを持ついくつかの事例を取り上げ解説する。
  2. ヨーロッパは、リチウムイオン電池の事業に関しては目を覆うものがあるが、最近、開発は日本以上に力を入れ始めている。しかしドイツ一国を見ても国主体なのか、州独自なのか、企業主導なのか分からない点も多い。最近のドイツシュピーゲル誌の記事を中心に一歩踏み込んで解説する。

 
※講演タイトル・講演者は、都合により変更することがあります。予めご了承ください。
■ セミナー概要
  開催日
2014年12月12日(金)/10:30~16:30
  参加費
48,600円/1名(税込・昼食代含)
  会場
東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館 3F 350 会議室
  主催
CMCリサーチ
■問い合わせ先
○ (有)シーエムシー・リサーチ 
    東京都千代田区神田錦町2-7
    TEL:03-3293-7053