電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/9/10(2414号)主なヘッドライン
中国・科創板、半導体企業の上場急増
SMICは7430億円を調達、BYDや格科微電子も上場へ

SMICは上海と香港に株式を上場している(同社ニュースリリースより)
クリックして拡大
 中国のハイテク企業向け株式市場「科創板」に、半導体など電子デバイス関連企業の上場が急増している。中国ファンドリーのSMIC(中芯国際集成電路制造、上海市)は、7月に479億元(7430億円)を調達し、北京の新工場計画を発表した。また、IGBTやリチウムイオン電池(LiB)を製造するBYD(比亜迪、広東省深セン市)も上場を計画し、パワー半導体工場の建設準備を進めている。

 中国版ナスダックとも呼ばれる科創板は、習近平首席が2018年11月に創設構想を打ち上げ、19年7月から上海証券取引所で正式に運用を開始した。まず上場企業数25社、株価総額は5606億元(約8.7兆円)で運用を開始し、20年1月に上場79社で株価総額が1兆元(約15.5兆円)を超えた。運用開始1年後の20年8月には165社、株価総額は2.8兆元(約43.4兆円)に拡大し、年内に3兆元を超えようとしている。
 7月から株価指数の公表も始めた。創設数カ月後にもインデックス銘柄の指定を試みたが、中核となる企業が少なく、市場規模も小さかったため見送っていた。SMICが7月16日に株式を公開して7430億円相当の株価をつけ、これを機に公表を始めた。
 SMIC上場時の株価は科創板で最高額がつき、2位の鉄道運行管制システム企業である中国鉄路通信信号(CRSC、北京市)の97.8億元(約1517億円)を大きく離した。
 上場時の株価上位25社を集計すると、約3分の1が半導体関連企業だ。SMICが今も最も高い時価総額1292億元(約2兆円)をつける。
(以下、本紙2020年9月10日号1面)




自動車産業・部品
住友商事、車の設計開発会社設立、エンジニアリング事業に参入
ENEOS、Luupと資本提携、マイクロモビリティー分野で
三菱電機、意思疎通技術を開発、AIで周囲の状況理解
IT・半導体産業
京都大学と東京工業大学、SiCの欠陥大幅低減、界面の品質10倍に向上
ローム、VCSELを高出力化、ToF高精度化に貢献
新日本無線、世界初のSJ-BJT、高耐圧&低オン抵抗実現
日本TI、アナログ総合力で勝負、直販体制もさらに強化へ
クリー 21年度、設備投資は4億ドル、SiC増産準備ピークに
オスラム 4~6月期、オプトは19%減収、自動車向け増加基調に
プリント回路・実装
ロジャース、新型コロナで減収減益、7~9月も2桁減を想定
台湾基板業界 20年1~6月、台湾勢に追い風、PKG、スマホ向け高成長続く
日立化成、5G対応基板材料、AiP基板向けに量産
日本電気硝子、新LTCC材を開発、業界最小の誘電正接
液晶・ディスプレー
ジャパンディスプレイ、シャープに白山売却、モバイル子会社化は撤回
GE、印刷できる赤色蛍光体、ミニ/マイクロLED用
マトリックステクノロジーズ、JSRから出資獲得、新型バックプレーン開発
電池・新エネルギー
ベルコール、南欧に電池セル工場、年産16GWhで23年稼働
パナソニック、テスラ向け電池増産、LiBの性能も向上
京大とトヨタ、次世代蓄電池を開発、LiB比7倍のエネ密度
ファースト・ソーラー、4~6月は増収増益、20年は5.9GWの生産計画
トリナ・ソーラー、新型PVセルを増産、210mmの大型セルを拡大
製造装置・部材関連・FA
SK、フッ化水素を量産化、23年に国産化率7割へ
ASML、台南に新施設、EUVエンジニア育成
フェローテック 4~6月期、装置部品は横ばい、通期は10%増収予想
医療・航空・ロボット
航空機メーカー2社 4~6月期、ともに損失を計上、民間機納入数が大幅減
ギークプラス、米州での展開を強化、南米で物流ロボを初受注
NISSHA、米国の治療機器製造拠点、オリンパスから取得
一般電子部品
国内コンデンサー企業5社 4~6月期、売上高8%減少、5社すべてが減収
マブチモーター 1~6月期、売上高が26%減少、欧米で車載用が低調



日本半導体産業 激動の21年史(2000年~2020年) No.76
2014年(第3回)国内半導体は新たな成長探る



インタビュー
東京エレクトロン(株) 代表取締役・CEO 河合利樹氏
(株)BluE Nexus 取締役 安部静生氏
ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング(株) 代表取締役社長 小澤英彦氏



ボンディング装置特集
ミニ/マイクロLEDと先端PKGが牽引



サイト内検索