商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/5/12(2344号)主なヘッドライン
主要外食チェーン売上高      
20年2月期は3.7%増に           


クリックして拡大
 主要外食チェーン16社の2020年2月期業績の合計は、売り上げ、営業利益ともに前年実績を上回った。期中に大型台風や消費増税があったものの、しのいだ格好だ。また、新型コロナウイルス感染拡大による営業自粛の影響は3月に入ってからで、2月決算企業はこのマイナス要因からは逃れた。しかし、3月以降は不透明な状況にあり、大半が今期見通しの開示を見送った。新型コロナの収束が見えず、外食産業はかつてない試練に直面している。

■営業利益は7.6%増に
 20年2月期は、原材料価格や物流費の高騰に加え人手不足に伴う人件費の上昇、そして大型台風の上陸による天候不順の影響、消費税率の引き上げによる消費マインドの変化など、外食産業は厳しい事業環境が続いたが、各社は主力事業でこの状況を乗り切った。集計した16社合計の売上高は、前期比3.7%増の1兆686億円となった。また営業利益は同7.6%増となった。消費増税、天候不順や大型台風の襲来による休業・営業時間の変更による売り上げへの影響、そして人手不足による人件費高騰が利益を圧迫したが、おおむね好調だったといえるだろう。


(以下、本紙2020年5月12日号1面)



関東/中部
ピーアンドディコンサルティング、U_PLACE、川越駅前に6月開業
近畿/中国
徳山駅前地区市街地再開発、店舗約6000m²で届け出
九州/四国
サンエー石川シティ、うるま市でSC、店舗1.3万m²で今夏開業
小売業界動向
セブン―イレブン・ジャパン 19年度、純増わずか79店
ファーストリテイリング 20年8月期出店、計画から31店減の242店
街づくり/都市開発
トヨタ自動車とNTT、総額4000億円で資本提携
店舗・施設関連
マックス、StoreFACT
外食産業動向
スターバックス、小田急Gとライセンス



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.333
関西文化学術研究都市センター(株) 代表取締役社長 稲垣満宏氏
商業施設の元気テナント No.234
(株)サザビーリーグ AKOMEYA事業部 事業部長 高井伸夫氏に聞く
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.113
ポストコロナでの価値創造業態予測



開店フラッシュmini
奈良 蔦屋書店
武蔵小杉駅北口 高架下店舗
インタビュー
(株)ハングリータイガー 統括本部長 中藤満氏
サイト内検索