商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/10/1(2314号)主なヘッドライン
日系企業、アジアシフト鮮明
海外店舗の8割に、初進出、新業態に注目

日系企業の海外展開は今後も続く
クリックして拡大
 日本の小売り、外食、ホテル・サービス業のアジアシフトが鮮明だ。本紙調べでは、主要企業61社の2018年度末の海外店舗数は全体の3割におよび、このうち8割をアジアが占めることが分かった。海外マーケット需要を取り込むほかに、現地に店舗を構えることで認知され、訪日の際に日本国内の店舗を利用してもらう狙いもある。今後も海外初出店、国・エリア初出店などが増え、海外展開はますます活発になるとみられるが、海外での成功は現地パートナーがカギを握るともいわれ、パートナー確保も課題となっている。

■旺盛な需要を求めて出店
 経済産業省が海外の現地法人に新規投資または追加投資を行った本社企業を対象に調査した「海外事業基本調査」(17年度)によると、海外投資のポイントとして「日系企業の進出実績」や「安価な労働力の確保」などを抑え、約70%の企業が「現地での製品需要が旺盛又は今後の需要が見込まれるため」と回答した。少子高齢化に伴う国内の需要減に対し、日系企業の海外展開は喫緊の課題といえる。本紙が調査した61社の国内外総店舗数計8万6071店(18年度末)のうち、約30%にあたる2万7163店が海外店舗となっている。

(以下、本紙2019年10月1日号1面)



関東/中部
アトレ竹芝、駅ソトに20年4月開業
近畿/中国
エイチ・ツー・オー リテイリング、「神戸阪急」5日開業
九州/四国
JR博多シティ、博多駅に新規5店
アジア/海外
The Prince Akatoki、ロンドンに開業
小売業界動向
ドラッグストア業界、売上高 ツルハが首位堅持
街づくり/都市開発
JR東日本、WATERS takeshiba、水辺生かし20年4月開業
ホテル&サービス
パーク ハイアット ニセコ HANAZONO、20年1月20日開業
店舗・施設関連
セブン銀行とNEC、次世代ATMの導入開始
外食産業動向
野村不動産、飲食店ビル「GEMS」、今秋3棟オープン



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.313
(株)相鉄アーバンクリエイツ 専務取締役 斉藤淳氏
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.106
21世紀型商業活動への希望の道
インタビュー デベロッパーがつくるにぎわいのラーメン空間 No.8
ラーメン激戦区 東京・丸の内、
  (株)鉄道会館 営業本部 店舗運営部 橋本賢道氏
シリーズ 拡大するコインランドリー No.2
WASHハウス(株) 取締役営業部長 徳田俊行氏に聞く
ソウル市の新しい街作り (上)
国際交流複合地区で整備
公園×商業 民間が創る憩いと賑わい No.1
Community Park



開店フラッシュmini
gooz いちょう並木通り店
ルポSC
ブランチ仙台
サイト内検索