商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/7/30(2305号)主なヘッドライン
奈良 商業開発、JWマリオットなど12件
滞在促す「高級」「体験」がキー

JWマリオット奈良のイメージパース
クリックして拡大
 奈良県内において、宿泊施設を中心とした商業開発が活発化している。訪日観光客の増加などが開発機運を高めており、本紙がまとめたところ現在12件の計画が進行している。観光の中心である奈良市は、これまで市内の観光を1日で終えられることや、宿泊施設不足などで宿泊は近隣府県に奪われていた。その対策として、「高級」や「体験」をキーワードとした宿泊施設の開発が進められている。交通網整備によるアクセス性の改善も進んでおり、観光客を迎える基盤が整う。

■宿泊・消費が課題
 奈良市の調査によると、2018年度に奈良市を訪れた観光客数は前年度より71万1000人増加し、1702万5000人となった。訪日外国人観光客も全体の15.6%を占める265万1000人で、前年よりも33.2%増加している。とりわけ奈良県には世界遺産数全国1位、国宝重要文化財数第3位、史跡名勝・天然記念数で第1位を誇る豊富な観光資源があるが、宿泊施設の不足で他府県に観光客を逃していた。ここ数年、JR奈良駅周辺では、「ピアッツァホテル奈良」(客室約140室)や「センチュリオンホテルクラシック奈良」(90室)が開業するなど、宿泊施設不足は解消されつつある。しかし、観光庁の訪日外国人消費動向調査(18年1~12月)によると、訪日観光客の奈良県内での平均泊数は0.5泊と宿泊習慣が定着していないのが現状だ。このため宿泊と消費がエリアの大きな課題となっている。

(以下、本紙2019年7月30日号1面)



関東/中部
三井不動産、コレド室町テラス、31店で9月27日開店
近畿/中国
阪神電気鉄道ら、大阪梅田ツインタワーズ・サウス、II期の建設着手
九州/四国
福岡アイランドシティ・センター地区開発、低層階に店舗1.2万m²
小売業界動向
エンドレス、新業態アクセサリー店、今夏から出店を開始
街づくり/都市開発
ぴあ、ぴあアリーナMM、20年4月25日開業
ホテル&サービス
スポーツクラブNAS、大阪市に10月開業
店舗・施設関連
アイリッジ、SC用アプリを開発
外食産業動向
タワーズプラザ レストラン街、名古屋初の新店7店



【連載】
商業施設の元気テナント No.227
(株)ティーカンパニー 代表取締役 菊池尚氏に聞く
インタビュー デベロッパーがつくるにぎわいのラーメン空間 No.3
御徒町らーめん横丁
釼持祐介氏の仕事 No.2
美々卯 新大阪店



18年上期開業 主要施設の1年目動向
ミッドタウン、来場2200万人達成
全国の再開発計画を追う
千葉県
サイト内検索