商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/7/13(2403号)主なヘッドライン
小売各社、中期計画を発表
セブン、イオンは海外強化、EC注力も軸はリアル


イオンは海外での開発などを強化する(写真はミャンマー1号店の「イオンモールダゴンセイカン」イメージ)
クリックして拡大
 セブン&アイ・ホールディングスが進めていた北米CVS事業における大型買収が承認された。これを受けて同社は中期計画を発表し、その中で北米CVS事業を5000店以上増やす方向を示した。一方、イオンでは2021年春からスタートした中期計画でデジタル売り上げを1兆円まで引き上げるほか、海外で積極的に開発する方針だ。多くの流通企業が今年度から新たな中期計画をスタートするが、ECなどデジタル対応を加速しつつも、リアル店舗に軸足を置くことが分かる。各社の中期計画から数年後の流通企業の姿を探る。

■セブン&アイは北米CVSで5000店以上増
 セブン&アイ・HDは、22年2月期~26年2月期を対象とした中期計画を発表した。この計画において特に成長させるのが北米のコンビニエンスストア事業である7-Eleven, Inc.だ。7-Eleven, Inc. の店舗数は20年12月期末の9884店から、25年12月期には1万5000店超と、5000店以上増やす計画だ。この拡大の原動力がMarathon Petroleum Corporationから取得し、主に「Speedway」ブランドとして展開するコンビニ事業およびガソリンスタンド事業だ。事業取得においては米連邦取引委員会の承認に時間を要していたが、このほど承認された。これにより、21年12月期末には7-Eleven, Inc. の店舗数が一気に1万3324店まで増加する見通しだ。

(以下、本紙2021年7月13日号1面)



関東/中部
ヒューリック、イトーヨーカドー鶴見店、NSCに転換へ、「LICOPA」を今秋開業
近畿/中国
ケイアイ興産
COCON KARASUMA、22日に新エリア開業、入館者目標は年間350万人
九州/四国
熊本パルコ跡、複合施設を開発、店舗2801m²、ホテルも入居
小売業界動向
ワークマン、22年3月期は54店出店、「女子」は立地多様化
街づくり/都市開発
三河島駅前北地区再開発、都市計画決定を告示、延べ8.9万m²で23年度着工
ホテル&サービス
MUJI HOUSE、北海道上士幌町に進出、ワーケーション施設整備
ロジスティックス
日鉄興和不動産、板橋区で開発用地取得、延べ20万m²超で計画
店舗・施設関連
玉川高島屋S・C、照明デザイン賞を受賞、本館1階で最優秀賞
外食産業動向
ニトリダイニング、多店舗展開を加速、早期に10~30店へ



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.352
ラオックス・リアルエステート(株) 代表取締役社長 中谷和浩氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.48
沼津駅周辺
物流ロボット最前線 No.6
クイックトロン



開店フラッシュmini
天王寺ミオ
ニトリホームズ宮原店
インタビュー
芝浦工業大学 教授 前田英寿氏
(株)カーゾック 代表取締役 社長 栗林由幸氏
地域密着! 沿線スーパーを探る
(株)西鉄ストア 代表取締役社長執行役員 秋澤壮一氏に聞く
サイト内検索