商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/7/6(2402号)主なヘッドライン
鉄道各社、21年度も設備投資は低調
非運輸は19年度比14%減、物流など新分野に挑戦も


JR九州が取得した物流施設の竣工イメージ
クリックして拡大
 コロナ禍によって大きな打撃を受けた鉄道各社。巣ごもりや在宅勤務により電車に乗る人が少なくなり、都心の駅ビルも苦戦している。鉄道会社としてはこれまでにない危機であり、投資についても変化が起きている。2020年度の設備投資は各社軒並み減少し、特に非運輸分野は大きく落ち込んでおり、比較可能な10社で算出したところ20年度実績は前年度比約21%減となった。21年度計画についても回復の兆しは見られるが、コロナ前の水準には戻っていない。投資の方向も、ホテルなどから物流などへシフトしていく傾向もある。鉄道各社の投資動向をまとめた。

■20年度の非運輸部門投資は10社で5339億円
 鉄道各社は、20年度当初、新型コロナの影響をある程度見込み、軒並み業績を下方予測していた。ところが実際には予想以上の影響が出た。東日本旅客鉄道(JR東日本)の2020年度の決算は、営業収益1兆7645億8400万円(前年度比40.1%減)、営業損失5203億5800万円と赤字に転落。東急の営業収益は9349億2700万円(同19.6%減)、営業損失は316億5800万円となるなど、各社苦しい状況に陥った。
 こうした厳しい中で気になるのが、設備投資の動向だ。本紙は主要鉄道会社の設備投資について、19、20、21年度の実績と計画をまとめた。比較可能な10社の数値をまとめた結果、コロナ前にあたる19年度は総額合計1兆9322億円だったのに対し、20年度は1兆7212億円であり、約11%の減少となった。

(以下、本紙2021年7月6日号1面)



関東/中部
イオンモール白山、総賃貸7.4万m²で19日開業、北陸最大級の200店集積
近畿/中国
イオンリテール、そよら新金岡、19店で17日開業、来館者目標は年間130万人
九州/四国
コスモス薬品、コロナ禍で出店加速、20年度は18件を届け出
小売業界動向
ディスクユニオン、新宿に4店を同時出店、CD復権を目指す店も
街づくり/都市開発
由利本荘市の一番堰まちづくり事業、病院や商業を複合、25年度の完了目指す
ホテル&サービス
カンデオホテルズ宇都宮、288室で22年夏開業、最上階にスカイスパ導入
ロジスティックス
ESR、横浜幸浦DC2を着工、延べ19万m²の大型施設
店舗・施設関連
ダイキン工業、冷凍プラグインショーケース、国内での販売開始、省エネ、施工を省力化
外食産業動向
ポトマック、ピーナッツ カフェ、新業態を原宿に、テーマは“朝食”



【連載】
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.47
フロッグス ファーム
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.127
「創造的思考」こそが新時代を切り拓く
物流ロボット最前線 No.5
日立製作所
アフターコロナのホテル運営 No.2
オリックス・ホテルマネジメント(株) 運営統括部 担当部長 後藤修二氏/運営統括部 担当部長 石井耕平氏



開店フラッシュ
鹿猿狐ビルヂング
ズームアップ!注目企業インタビュー
野原ホールディングス(株) グッドデザインカンパニー長 斉藤太郎氏
(株)平城苑 専務取締役 経営企画室長 近藤昭人氏
サイト内検索