商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/5/25(2396号)主なヘッドライン
ベビー・こども用品業態、出生数減も存在感続く
西松屋は営業利益533%増、妊活など新分野も注目


4月22日にオープンした「アカチャンホンポ港南台バーズ店」
クリックして拡大
 2020年の出生数が過去最少になると予測されている。歯止めの効かない少子化だが、この状況下で奇妙ともいえる動向がある。少子化が直撃するはずのベビー・こども用品業態の存在感が弱まっていないのだ。背景には商業施設がオーバーストアとなる中、ニューファミリーを取り込むため積極出店していることが挙げられる。さらにこどもが生まれる前の妊活に目をつける動きや、デジタル戦略に注力するなど、各社の生き残りをかけた工夫が功を奏しているようだ。各社の取り組みを追った。

■ニューファミリー取り込みに欠かせぬ存在
 国内で確実に進む少子高齢化により、ホームセンター、インテリア、ヤングファッションなど、各業界ではパイの奪い合いが進んでいる。しかも、厚生労働省は20年の出生数(速報値)が前年比2.9%減の87万2683人を記録したと発表。確定値では、過去最少を記録すると予測されている。今後、各業界では市場規模の縮小も危惧される。

(以下、本紙2021年5月25日号1面)



関東/中部
新静岡セノバ、6月24日に改装オープン
近畿/中国
ららぽーと堺、店舗5万m²超で着工、220店集積、22年秋に開業
九州/四国
JR九州、鹿児島中央駅に新施設、商業など23年春開業
小売業界動向
ドラッグストア業界、郊外型と都市型で明暗、21年度も出店は積極的
百貨店大手5社 20年度、売上高は28.5%減に、21年度は不動産事業やEC強化
街づくり/都市開発
京浜急行電鉄、三浦半島で開発を加速、高級旅館、滞在拠点など
ホテル&サービス
京都市、上質宿泊施設誘致制度、共立メンテを選定、仁和寺近くで67室
ロジスティックス
三井不動産、MFLP海老名Ⅰ、延べ約12万m²で着工、グリーンエネルギー採用
外食産業動向
日本KFC HD 中期経営計画、3カ年で129店を出店、持ち帰り専門の新型店も



【連載】
商業施設の元気テナント No.238
(株)ドロキア・オラシイタ 店舗開発本部 本部長 阪本一真氏に聞く
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.41
ラグーナ蒲郡地区
【連載】
戸部という街の哀しさ
プレイボール!ボールパークを探る No.4
メットライフドーム



開店フラッシュmini
イオンスタイル千葉みなと
イズミヤ ゆいテラス 河内長野
インタビュー
(株)トリニティーズ 代表取締役社長 中山亮氏に聞く
(株)ザイマックス 執行役員 ジザイワーク事業部長 長田健登氏
(株)プロントコーポレーション 取締役 プロントカンパニー長 ブランド戦略部長 片山義一氏
サイト内検索