商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/4/6(2390号)主なヘッドライン
東京都再開発、新たなフェーズへ突入
内幸町1丁目が始動、東京駅拠点に周辺一新


「内幸町1丁目街区」で建て替えを計画する帝国ホテル
クリックして拡大
 東京都の再開発・街づくりが新たなフェーズに突入した。東京五輪を見据えた計画が続々と完成する一方で、新たな開発も浮上し、案件の“入れ替え”が起きている。有楽町では帝国ホテルの再開発を含む内幸町1丁目街区が始動し、東京駅~有楽町駅間には中低層の建物が多いことから、今後開発が加速し、ウォーカブルタウンとして進化する可能性も出てきた。東京駅周辺では日本橋・八重洲など近接する街の開発が活発で、東京駅を中心としたエリアは一新する。虎ノ門、品川、豊洲などでも継続的に開発が進むほか、完成が見えてきた渋谷でも将来的には開発は続くようだ。

■内幸町1丁目街区は敷地6.5haで再開発
 これまで水面下で進められていた内幸町1丁目街区の再開発がついに動き出す。同計画はJR有楽町駅に近く、大手町や丸の内、銀座、虎ノ門などの結節点であり、日比谷公園にも隣接する都心の真ん中ともいえる6.5haを、3地区に分け大規模開発を行う。オフィスや商業、サービスメントアパートなど多機能を有したミクストユース開発となるほか、三井不動産(株)が帝国ホテルの土地を一部取得し共同で再開発する。同計画は28年度完成の南地区を皮切りに、全体完成は37年度以降を見込んでおり、15年以上にわたる大規模開発となる。

(以下、本紙2021年4月6日号1面)



関東/中部
港南台バーズ・高島屋跡、22日にリニューアル、無印やノジマなど出店
北海道/東北
マルヤマ クラス、改装で4店オープン、デコホームなど出店
近畿/中国
伊藤忠アーバンコミュニティ、ミ・ナーラを改装、4月下旬に整備完了
JR西日本SC開発、天王寺ミオ、60店をリニューアル、食や生活雑貨を強化
中川政七商店、鹿猿狐ビルヂング、4月14日オープン、猿田彦珈琲なども出店
九州/四国
ガーデンズ千早、第1期は24日開業、シェアキッチンなど20店
小売業界動向
アンドブリッジ、OPSの出店加速、22年度までに20店体制
街づくり/都市開発
豊洲4-2街区開発計画、複合施設を22年春着工
ホテル&サービス
スノーピーク、徳島にグランピング施設、初のホテル型で4月開業
ロジスティックス
ESR、野田市で物流開発、22年6月着工へ
店舗・施設関連
プリンス電機、蛍光ランプ、受注生産を継続
外食産業動向
ニトリダイニング、都内に1号店オープン、27日に2号店出店



【連載】
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.35
武蔵小杉駅周辺
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.124
SCファンベースづくりの推奨



開店フラッシュmini
Coworking Kitchens 松戸
インタビュー
(株)カインズ SCM統括部 ロジスティクス部部長兼国内物流効率改善グループグループマネジャー 石崎清志氏
サイト内検索