商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2021/2/2(2381号)主なヘッドライン
変わる名古屋・栄地区、再開発で“面”から“高層”へ
高さ200mの大型計画も
建て替え後の「オリエンタルビル」(イメージ)
クリックして拡大

 名古屋市の商業地である栄地区。名古屋と言えば名駅地区の発展が目立っていたが、現在、栄地区が徐々に賑わいを取り戻しつつある。2020年も「Hisaya-odori Park」や「BINO栄」が新規開業し、「名古屋テレビ塔」や「セントラルパーク」がリニューアルオープンを迎えた。しかし、街の再開発はまだ始まったばかり。最も注目されるのは、大津通と広小路通が交差する十字路だ。ここでは三菱地所らによる「錦三丁目25番街区」など、街の新たな顔となる計画が控えている。栄地区はどのような街に変貌するのか。

■百貨店時代から総合デベロッパーが参画  名古屋市営地下鉄の栄駅や名鉄瀬戸線の栄町駅を中心に、名古屋市中区を総称する栄地区。「名古屋三越 栄店」や「松坂屋名古屋店」といった街の顔ともいえる百貨店があり、かつ「名古屋PARCO」が立地するなど、かつては名古屋一の繁華街として栄えていた。  しかし、全国的に百貨店不況の時代が訪れる。象徴的だったのが、「丸栄」の閉店。丸栄は約75年にわたって百貨店を運営し、テナントビル化も進めてきたが、想定外となるテナントの退店や、建物の老朽化も目立つため、18年6月に営業を終了した。  栄地区は少しずつ賑わいが衰えていったが、対照的に名駅地区は「JRゲートタワー」などの大型施設が開業し、集客力を増していき、名駅地区の強さが際立つようになってしまった。  そんな中、栄に新たな動きが出る。もともと、前述のように栄には街の顔ともいえる百貨店があり、商業開発でも話題の中心は常に百貨店であった。ここに三井不動産と三菱地所の2社が、栄地区の街づくりに参画し、栄に新たな風を吹き込んでいる。


(以下、本紙2021年2月2日号1面)



関東/中部
大和ハウス工業、春日井に2万m²のSC
北海道/東北
イオン新能代SC、店舗約2万m²で届け出
近畿/中国
ひろぎんHD、5月に新本社ビル開業
九州/四国
JR熊本シティ、駅ビルに186店展開
アジア/海外
プリンスホテル、海外に2店オープン
小売業界動向
オフプライスストア「Colors」、出店強化、20年は8店開店
街づくり/都市開発
センター・シティ、都城大丸跡に複合施設
ホテル&サービス
競輪場一体型ホテル、岡山県に22年3月開業
ロジスティックス
センターポイント・ディベロップメント、CPD西宮北、総延べ30万m²で計画
店舗・施設関連
ゴールデンバーグ、AI無人販売機、QR読み取りで解錠
外食産業動向
埼玉・メットライフドーム、飲食21店が新規出店



【連載】
デベロッパーに聞く ロジ革命 わが社の戦略 No.2
(株)シーアールイー 代表取締役社長 亀山忠秀氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.26
渋谷のB面
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.122
ポートランドからの道標(1)「サステナブルとコーヒー」



開店フラッシュmini
ゴディバ カフェ トーキョー
サイト内検索