商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/11/3(2369号)主なヘッドライン
1000店企業 小売・外食で約50社に
DgS勢、9社仲間入り、注目株はワークマン

1000店企業、小売・外食で約50社に
クリックして拡大

 商業施設新聞は、2020年10月時点で国内店舗数が1000店を超えている小売・外食企業をまとめ、その数は合計で約50社にのぼることが分かった。お馴染みのコンビニエンスストア(CVS)、ドラッグストア(DgS)大手各社に加え、直近では19年6月にDgSのコスモス薬品が1000店企業に仲間入りし、勢いそのままに出店攻勢をかける。一方、外食はコロナ禍でポジティブな要素が少なく、むしろ1000店を目前に足踏みが続く企業や、大規模な退店を行うところもある。また“次期1000店企業”としては、破竹の勢いのワークマンが注目株となりそうだ。

■CVSは1000店優に超えるも純増ペース鈍化
 CVSは店舗数2万店超のセブン-イレブン・ジャパン、1万店超のファミリーマート、ローソンのトップ3から、2000店規模のミニストップをはじめ、山崎製パン(デイリーヤマザキ)、セコマなど各社は1000店を超え、業界全体のピーク時(19年2月)は5万5979店となり、店舗数では国内最大の小売業界を形成している。

(以下、本紙2020年11月3日号1面)



関東/中部
イオンモール上尾、5万m²で12月4日開業
近畿/中国
住友不動産、京都マルイ跡、エディオン核に開発
九州/四国
三菱地所、22年度に再開発着工
小売業界動向
ライフ、上期は収益が3倍に
街づくり/都市開発
虎ノ門二丁目地区再開発 業務棟、延べ約18万m²で計画
ロジスティックス
プロロジスパークつくば3、つくば市にマルチ型15万m²
店舗・施設関連
SHIBUYA109エンタテイメント、混雑可視化サービス、渋谷に試験導入
外食産業動向
コメダHD 20年度、通期出店は30店前後



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.344
イオンモール(株) 代表取締役社長 岩村康次氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.14
博多駅周辺
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.14
博多駅周辺



開店フラッシュ
OH!!!~発酵、健康、食の魔法!!!~
プリンス スマート イン 恵比寿
開店フラッシュmini
#ワークマン女子 コレットマーレ店
インタビュー
(株)大創産業 開発営業部 部長 渡辺有和氏
サイト内検索