商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/8/25(2359号)主なヘッドライン
水族館、商業施設で拡大中        
希少性高く広域集客も

「カワスイ 川崎水族館」は映像を駆使するなどの工夫をした
クリックして拡大

 水族館+商業施設がじわり広がっている。最近では大型商業施設に併設した「DMMかりゆし水族館」、既存商業ビルの上層階に開発した「カワスイ 川崎水族館」などがオープンした。体験型テナントの勢いがますます強まる中、水族館は商圏が広く、「沖縄美ら海水族館」は年間370万人以上が訪れるなど、高い集客力を持つ。水族館としても厚い商圏人口を求めて都市部へ進出しつつあり、都市型商業施設との融合が注目される。

■"リアルの生き物"が強い来館動機に
 水族館の新設やリニューアルが相次いでいる。この春~夏にかけて、沖縄県豊見城市で「DMMかりゆし水族館」、香川県宇多津町で「四国水族館」、川崎市で「カワスイ 川崎水族館」、高知県土佐清水市で足摺海洋館の建て替えにあたる「SATOUMI」が開業した。
 また、サンシャイン水族館(東京都豊島区)では、大型リニューアル第3弾としてクラゲをメーンにした新エリア「海月空感(くらげくうかん)」を7月9日にオープン。オリックス不動産㈱は7月16日、「すみだ水族館」(東京都墨田区)と「京都水族館」(京都市)に、新しいクラゲのエリアをオープンするなどリニューアルを実施した。このほか、「イオンレイクタウンkaze」や「イオンモール木更津」の期間限定カフェ型水族館「ジュエリーアクアリウム」も話題になった。イオンレイクタウンkazeでは6月12日にオープンし、6月30日には来場者が2万人を突破するなど今、ちょっとした水族館ブームが来ている。

(以下、本紙2020年8月25日号1面)



関東/中部
ところざわサクラタウン、ショップ10店が決定
近畿/中国
山陽SC開発、さんすて岡山北館、店舗3620m²に18店集積
九州/四国
東京インテリア家具、福岡県の2店を取得
小売業界動向
靴小売り大手 20年度第1四半期、休業で3~4割減収に
USMH、独自のサイネージ活用
街づくり/都市開発
大宮駅西口第3-A・D地区再開発、8.5万m²で25年度竣工
ホテル&サービス
新大阪ホスピタリティ、新大阪に185室ホテル、全体の68%がスイート
THE POCKET HOTEL 京都烏丸五条、121室で9月18日開業、新業態ホテル2店目
ロジスティックス
ESR、尼崎ディストリビューションセンター、アジア最大級で竣工
店舗・施設関連
リクルート、Airレジハンディ、セルフオーダーを開始
外食産業動向
吉野家HD 20年度業績予想、売上高12%減の1723億円



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.339
頸城自動車(株) 代表取締役社長 山田知治氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.3
陸前高田市中心市街地
泉谷渉連載コラム これがアブナイ記者の街歩きだ!! No.18
横浜は東京の属国じゃない!!



開店フラッシュ
御殿場プレミアム・アウトレット第4期
JWマリオット・ホテル奈良
エキュートエディション横浜
サイト内検索