商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/8/4(2356号)主なヘッドライン
ドラッグストア               
郊外・都市型 コロナで明暗

クリックして拡大
 コロナ禍でマスクなどの特需が発生したドラッグストア業界各社の決算が出揃った。ウエルシアホールディングスが2桁増を達成し、ツルハHDを抑えて業界トップに躍り出た。コスモス薬品は得意とする食品を武器に3番手の座を確保した。一方で、インバウンド需要減でマツモトキヨシHDなど都市型各社は苦戦が続いており、明暗が分かれた格好となった。コロナ禍での厳しい状況が続く中、業界内における安定基盤を築くため、出店拡大とM&A、巣ごもり消費によるワンストップショッピング化が急速に進む様相だ。

■ウエルシアHDが業界トップに
 2019年度におけるドラッグストア業界は、消費増税、天候不順、自然災害などマイナス要素はあったものの、期後半の新型コロナウイルス感染拡大の影響によりマスク、衛生用品の売り切れが続出するなど特需が発生し、増勢となった。ウイルス拡大が懸念された20年2月には、既存店前年同月比売り上げはウエルシアHDが20.6%増、スギHDが同20.9%増など2桁増の企業が続出した。
 ドラッグストア各社の19年度期末決算は、日本経済が新型コロナ不況にあえぐ中、2月期~6月期とばらつきはあるものの、売上高はウエルシアHDが前期比11.4%増、コスモス薬品は同12%増、スギHDは同11%増など高成長を遂げ、ウエルシアHDはツルハHDを抜き、トップに躍り出た。また、急成長を続けるコスモス薬品は3位の座を不動のものとした。

(以下、本紙2020年8月4日号1面)



関東/中部
西武HD、グランエミオ所沢第Ⅱ期、49店で9月2日開業
近畿/中国
イオンリテール、伏見店を建て替え
九州/四国
宮古島でSC開発
小売業界動向
イオンモール 20年度連結業績予想、営業収益13%減の2800億円に
セブン―イレブン・ジャパン、20年度出店は661店
街づくり/都市開発
豊海地区市街地再開発、都が組合設立認可
ホテル&サービス
南西楽園リゾート、宮古島に新ホテル
ロジスティックス
阪急電鉄と三菱地所、彩都計画に2企業入居
店舗・施設関連
セイキ総業、非3密の喫煙ブース発売
外食産業動向
JR東日本リテールネット、エキュートエディション横浜、横浜駅に8月10日開業



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.337
(株)ノジマ 本部 営業開発部 顧問 栗原郁男氏
街づくり100選 持続可能なまち・地域最新リポート No.1
日本橋
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.116
シドニーが示唆したアフターコロナの質的成長



開店フラッシュ
アトレ竹芝
EXIT NISHIKI
開店フラッシュmini
ウェスティン都ホテル京都 佳水園
サイト内検索