商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2020/1/21(2329号)主なヘッドライン
変わるSC       
公共、デジタル化など、求められるPM力

SCはPMがますます重要になる
クリックして拡大
 少子高齢化による人口減少の顕在化で市場が先細りするなか、地方・郊外に立地するショッピングセンター(SC)をいかに存続させるかが大きなテーマとなっている。その解として、公共施設との融合や、地域交流の場としての一層の定着が提案されている。さらに将来的には本格的なデジタル整備も求められる。新規SCが減少する中、既存SCの磨き上げが不可欠な時代に入り、施設の運営力(PM)の真価が問われている。今後のSCの姿を追った。

 日本ショッピングセンター協会(JCSC)によると、2019年に新設したSC数は46カ所となる一方で、閉店などが47におよび、初めて純減に転じた。JCSCによれば閉鎖SCはすべてが営業終了によるものではなく、建て替えなどによる休業も含まれるという。
 またこの10年、年間平均50カ所以上が新規に開業してきたが、20年は40となる見通し。東京などの大都市部は大型再開発による新たな街の誕生で人口の流入が活発となり、都心型の大型商業施設が計画されているが、地方・郊外は人口減少で新規計画も減るという見方が強い。そのなかで小商圏型のNSCの開発は堅調に推移しているようだ。

(以下、本紙2020年1月21日号1面)



関東/中部
三井不動産、豊洲ベイサイドクロスタワー、4月24日オープン
近畿/中国
阪急阪神百貨店、阪急うめだ本店、3フロアを大改装
九州/四国
徳島都市開発、そごう徳島店後継テナント、コンサルを委託
アジア/海外
東神開発とシミズインベスト、ベトナムで複合ビル取得
小売業界動向
オアシススタイルウェア、初の直営旗艦店を出店
ワールドライフスタイルクリエーション、ローラ アシュレイ、8月から事業開始
街づくり/都市開発
三井不動産、豊洲ベイサイドクロス、4月24日街びらき
ホテル&サービス
森トラストとヒルトン、沖縄瀬底リゾートを計画
店舗・施設関連
Mira Robotics、ロボで警備を省人化
外食産業動向
JR西日本大阪開発、EST FOODHALL、16店で2月開業



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.325
大和リース(株) 取締役常務執行役員 流通建築リース事業部
   事業部長 コインパーキング事業複合 森内潤一氏
商業施設の元気テナント No.232
(株)ポケモンセンター 代表取締役社長 上郷頼臣氏に聞く
駅激戦区 人×商業 新駅編 No.1
高輪ゲートウェイ駅
神奈川県内商業開発 No.2
横浜市郊外
☆キラリ☆磨く ジュエリー最前線 No.1
フェスタリアホールディングス(株) 代表取締役社長 貞松隆弥氏に聞く
ザイマックス不動産総合研究所による商業施設考察 No.1
市場の移り変わり
クリエイト・レストランツHDの戦略(上)
262ブランド保有の総合飲食企業



開店フラッシュ
イオンタウン四日市泊
開店フラッシュmini
スノーピーク 島忠ホームズ新山下店
レムプラス銀座



特集 ショッピングセンター19~20年新設動向
19年は46SCがオープン
スペシャル対談/商業施設新聞・商い創造研究所企画
ニューヨーク・ポートランド・シアトル クオリティオブライフ視察ツアー2019
サイト内検索