商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/4/2(2289号)主なヘッドライン
東京都心再開発、19年は渋谷で続々完成
八重洲などが五輪後本格化、築地跡が始動へ

渋谷では完成ラッシュを迎える(画像提供:渋谷駅街区共同ビル事業者)
クリックして拡大
 東京オリンピックの開幕まで500日を切った。2020年に向けた再開発ラッシュは終盤に近づき、渋谷駅街区では今秋、高さ約230mにおよぶ「渋谷スクランブルスクエア」が開業する。虎ノ門では「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」などが上棟し、少しずつ新しい東京の姿が見えてきた。その一方で、JR東日本が「高輪ゲートウェイ駅」周辺で計画する超大型開発も本格化し、築地市場跡の活用に向けた議論も開始するなど“五輪の先”の事業も動き出した。東京都心は今後もさらなる変貌を遂げる。

■渋谷は駅街区やパルコ、虎ノ門はオークラが完成へ
 今年の再開発における特徴は、渋谷の完成ラッシュだ。渋谷は東急グループが積極的に再開発を進め、18年9月には「渋谷ストリーム」が開業するなど、他のエリアよりも一歩進んでいた。今秋には、新しいランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」の1期施設が開業する。駅街区に47階建て・高さ230mと渋谷で最も高いビルを整備する事業であり、地下2階~地上14階は営業面積約3万2000m²の商業施設、17~45階は賃貸面積約7万3000m²のオフィスを導入する。屋上などには展望施設を設け、230mの絶景を体験できる施設とする。
 駅周辺では今秋、東急プラザ跡で「渋谷フクラス」が完成し、東急プラザが再出店する。さらにパルコ跡を含む「宇田川町14・15番地区」も10月に竣工する見通しで、秋に大型3案件が完成・開業する。

(以下、本紙2019年4月2日号1面)



関東/中部
住商アーバン開発、川崎ルフロン大規模改装、1期を4月27日開業
近畿/中国
JR西日本、新広島駅ビル、11万m²で商業、ホテルなど
九州/四国
東京建物、西新駅直結に商業施設
アジア/海外
西武HDと日本航空、ハワイで共同事業開始
小売業界動向
銀座ロフト、4月26日増床オープン
街づくり/都市開発
三菱地所とTBS、東京・赤坂で再開発始動
ホテル&サービス
ピックルスコーポレーション、飯能市に複合観光施設
ロジスティックス
三菱商事都市開発、MCUD上尾を着工
店舗・施設関連
クオリカ、AI活用のMDで実証実験
外食産業動向
ロイヤルHD、19年度 外食事業、てんや中心に32店出店



【連載】
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.100
官民融合による地方都市再生
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.36
(株)サンケイビル 取締役常務執行役員 遠藤健氏
活況のAM産業に聞く No.5
(株)セガ エンタテインメント 執行役員 開発本部 本部長 玉貫信雄氏



インタビュー
天安中国投資有限公司 最高経営責任者 パトリックS・W・リー氏
(株)プロントコーポレーション 専務取締役
   店舗開発本部長兼経営企画 本部長 綾野喜之氏
全国の再開発計画を追う
福井県
デザイン探訪
東京ミッドタウン日比谷
サイト内検索