商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2019/2/26(2284号)主なヘッドライン
AM施設 活況再来、SCで区画面積が拡大
VR、プライズ、子供向けが人気

ラウンドワンはダイバーシティ東京 プラザで2フロアへ出店
クリックして拡大
 コト消費が拡大する中、ショッピングセンター(SC)などの大型商業施設内で、アミューズメント(AM)施設の占有面積が拡大している。様々な景品を獲得できるプライズゲームや、子供向け遊戯施設がファミリー層から人気で、SC施設の集客にも貢献している。スマホやオンラインゲームに押され、近年低迷していたAM施設業界が再び上昇気流に乗り、SCの集客を左右するテナントになり始めている。

■大型商業施設がAMテナントを大量導入
 デベロッパーは、大型SCにテナントとしてAM施設を積極的に導入している。最近の例を見てみると、三井不動産は2018年11月に大規模リニューアルした「ダイバーシティ東京 プラザ」で、ラウンドワンを6階と7階の2層構成で導入し、さらにH・L・N・A ZONE アクションスポーツとH・L・N・A SKYGARDENスケートパークも5階と7階の2フロアに設置し、体験型消費を促している。そのほかにも、日本に初上陸のVR(仮想現実)ライド型アトラクション「hexaRide(ヘキサライド)」、子ども向け体験型知育施設「LITTLE PLANET」など、大人から子供までが楽しめる施設を数多く導入している。
 三菱地所も、18年11月下旬に開業した「MARK IS 福岡ももち」(福岡市)に、バンダイナムコのAM施設「namco」を誘致し、また最先端のVR技術と独自の体感マシンによる「VR ZONE Portal」を併設してAM施設を充実。さらにバンダイナムコは、キッズパーク「あそびパークPLUS」も出店、子連れのファミリー層を集客している。

(以下、本紙2019年2月26日号1面)



関東/中部
三越伊勢丹HD、伊勢丹新宿本店、メンズ館と本館刷新
近畿/中国
JR西日本SC開発、ルクア大阪、新業態など17店出店
九州/四国
北九州都心開発、小倉駅前のコレット跡、専門店ビルに改装
小売業界動向
パブリック トウキョウ、天王寺と福岡に新店
街づくり/都市開発
森トラスト、神谷町トラストタワー、大型再開発ビルが上棟
ホテル&サービス
ナインアワーズ、商業施設にカプセル
TRASTA、ホテル新ブランド開発、京都、大阪に6月開業
ロジスティックス
オリックス、岩槻II 1.8万m²を着工
店舗・施設関連
三菱地所、買い回り行動の実証実験
外食産業動向
アトレ松戸、レストランフロア改装



【連載】
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.31
アパグループ 代表 元谷外志雄氏
REBORN~生まれ変わった商業施設~No.13
ルビットタウン高山
泉谷渉連載コラム これがアブナイ記者の街歩きだ!! No.1
ニセモノの空間が大好き
サイト内検索