商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
商い創造研究所10周年設立記念特別シンポジウム
『2018商業が何を変えるのか』

  開催日
2017年11月13日(月) 14:30~17:45
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ アキバホール
  参加費
5,000円+税(当日の講演資料代込み)
  主催
商業施設新聞
  申込締切
11月10日(金)(定員に達し次第締め切りとさせて頂きます)

多数のご参加ありがとうございました


 商業施設新聞では、大好評連載中の「商いの新しいものさし」でお馴染みの松本大地氏が代表を務める「商い創造研究所」の10周年を記念し、『2018 商業が何を変えるのか』と題したシンポジウムを11月13日(月)に開催いたします。2018年やそれ以降の商業トレンドをリードしていく新たな価値創造業態、そしてそれが未来の街づくりにどんな影響をもたらすかについて、数多くの商業施設をプロデュースしてきた松本氏の目線で熱く語っていただきます。加えて、本紙編集長・松本顕介が「オーバーストア時代」「激化する都市間戦争」「ポスト五輪の街づくり」といったキーワードをもとに商業施設の最新トレンドを語ります。そして最後には両講師によるトークセッションも予定されています。2018年以降の商業施設トレンドを先取りする絶好の機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

■ プログラム
14:30~15:30

 
 「2018年以降にオープンする商業施設と街づくりのトレンド」
商業施設新聞 編集長 松本 顕介

 
15:30~16:30

 
 「時代をリードする、新たな業態開発」
~ネットにはできないリアルメリットを強めた価値創造~
(株)商い創造研究所 代表取締役 松本 大地
1952年神奈川県生まれ。金融、小売りビジネスを経験後、1988年丹青社入社。商業施設のプロジェクトマネージャーを経て、マーケティング研究所所長に就任。2007年商い創造研究所を設立。小田原市、富山市、熊本市、酒田市、鎌倉市、和歌山市などの街づくりコンサルテーションから、数多くのSCや駅ビル開発などのプロデュース業務を手掛ける。日経MJ、繊研新聞、日本SC協会広報誌での連載を始め、商業施設新聞では2011年1月より「商いの新しいものさし」の連載は、80回を超えたロングランを続けている。FM番組のパーソナリティー、大学でのマーケティング講義の他、米国・オレゴン州ポートランド市の街づくり研究を続け、「最高の商いをデザインする方法」(エクスナレッジ社)を発刊。経産省コト消費研究会委員、小田原市や鎌倉市アドバイザー、酒田未来塾塾長、震災復興支援アドバイザーなどに就任した。

 
16:30~16:45 ブレイク
16:45~17:45

 
 トークセッション&質疑応答

 
※講演タイトル、講演者は都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。
■ セミナー概要
  開催日
2017年11月13日(月) 14:30~17:45
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ アキバホール
  参加費
5,000円+税(当日の講演資料代込み)
  主催
商業施設新聞 J32
  申込締切
11月10日(金)(定員に達し次第締め切りとさせて頂きます)
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  開催日前日50%、当日100% のキャンセル料を申し受けます。ご了承下さい。
  ご欠席の方につきましては後日、配布資料等お送り致します。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    FAX:03-5835-5495 TEL:03-5835-5894
    Email:pd@sangyo-times.co.jp