商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2018/3/27(2237号)主なヘッドライン
13年に開業した商業施設、改装へ動き出す
活性化で最新施設に対抗


フードコートも強化ポイントのひとつ(写真はFOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA)
クリックして拡大
 2013年に開業したショッピングセンター(SC)などの商業施設が今年、開業から5年を迎えるにあたり、改装・リニューアルに動きだした。定期借家契約を5年で設定しているSCが多く、これを機に改装に踏み切るのか注目を集める。13年開業の商業施設は話題性のあったものが多いが、その後17年末までに280以上のショッピングセンターが開業するなど、競合が増加している。さらに電子商取引(EC)の隆盛、訪日客の増加など、周辺環境は13年当時と比べて一変している。各施設が生き残りをかけて、どう展開していくのか探った。

 日本ショッピングセンター協会によると、13年に開業したSC数は65。07年の改正まちづくり三法の施行前の駆け込みなどにより、過去10年で開業数が最多となった08年の88(なお、07年は97)を除き、13年は2番目に多い。
 また、13年は話題性のある注目の商業施設が多かった。イオンモールの旗艦SC「イオンモール幕張新都心」は、コト消費、体験を打ち出し、延べ約40万m²に総店舗数は360店という日本最大級の規模。なおイオンモールはPM受託も含めて7モールを開業。さらにイオンタウンも4施設を開業するなど、イオングループの開業ラッシュとなった。

(以下、本紙2018年3月27日号1面)



関東/中部
ユニー、アピタテラス横浜綱島、3月30日オープン
北海道/東北
イオンモール名取、2.6万m²の新棟を増築
近畿/中国
大阪地下街、ホワイティうめだ、広場周辺に飲食ゾーン
九州/四国
ながやま、宮崎市に10月開店
アジア/海外
ホテルオークラ、海外にホテル積極出店
小売業界動向
リビングハウス、今春は4店を出店
街づくり/都市開発
東京・泉岳寺駅地区再開発、事業協力者に東急不G
ホテル&サービス
三菱東京UFJ銀行ら、ALL-JAPAN観光立国ファンド、組成へ運用会社設立
店舗・施設関連
フライトシステムコンサルティング、非接触EMV装置、7月から出荷を開始
外食産業動向
日本KFCHD、BYOと資本提携
すかいらーく 18年12月期、「から好し」など100店出店



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.257
森トラスト(株) 取締役副社長 吉田武氏
駅激戦区 人×商業 No.159
沼津駅
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.18
JLL 取締役執行役員 ホテルズ&ホスピタリティ事業部長 沢柳知彦氏
食と街 バルニバービの視点 No.3
上場の理由



開店フラッシュmini
スリーツインズアイスクリーム
インタビュー
ソラリア西鉄ホテルコリア 代表理事社長 石田崇宏氏
経営者の目線 外食インタビュー
(株)鳥貴族 代表取締役社長 大倉忠司氏
サイト内検索