商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2018/3/6(2234号)主なヘッドライン
沖縄リゾートでホテルラッシュ  
海岸沿いなど開発計画50件

「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古」のイメージ
クリックして拡大
 沖縄県は、2021年度までに入域観光客数1200万人(国内客800万人、外国客400万人)を目標に掲げ、「世界水準の観光リゾート地」へ取り組んでいる。17年の入域観光客数は、前年比9.1%増の939万6200人となり、同年のハワイ入域観光客を上回った。だが、滞在日数は及ばず、それにはホテル不足が指摘されていることから、建設ラッシュにある。50件以上の計画があり、海岸沿いのリゾート開発が活況を迎えている。

■進むインフラ整備
 沖縄県では12年に那覇空港LCCターミナルが供用開始、13年に新石垣空港が開業、14年には那覇空港新国際線ターミナルが開業した。これらにより、入域観光客数も右肩上がりに増えている。
 特に国際線ターミナルの整備で外国人旅行客が増えており、17年の入域観光客数のうち、外国人観光客数は前年比22%増の254万人で過去最高を記録。クルーズ船寄港も急増している。17年の沖縄県の入域観光客数は939万6200人で、17年のハワイの入域観光客938万2986人を上回った。
 しかし、沖縄県における観光客1人当たりの消費額は約7万5000円で、ほぼ横ばいで推移している。一方、ハワイの観光客は日本人を中心とした外国人や米国本土からが多く、長距離移動を経て訪れる人が中心のため、長期間滞在する。沖縄の国内外客を含めた平均滞在日数は3.71日(16年度)に対して、ハワイは約9日(17年)と言われており、まだまだ日本人観光客が中心の沖縄とは宿泊費をはじめとした消費額に開きがある。

(以下、本紙2018年3月6日号1面)



関東/中部
イオンモール座間、3月16日オープン
北海道/東北
テルウェル東日本など、小樽市に複合施設
近畿/中国
大阪市 咲洲地区複合開発、アーク不動産に売却決定
九州/四国
イオンモール宮崎、3万m²増床、16日オープン
小売業界動向
RIZAPグループ、ワンダーコーポ子会社化
街づくり/都市開発
三菱地所、丸の内1-3計画、大林JVで20年完成へ
ホテル&サービス
ブルースカイランドリー、18年度100店体制に
星野リゾート、新ブランド「OMO」、客室デザインを発表
ロジスティックス
三菱地所、ロジクロス横浜港北、西松建設で6月着工
店舗・施設関連
三井不動産、清掃ロボットCL02、ダイバーシティ東京に導入
外食産業動向
クリエイト・レストランツHD、都心型フードホール、3月29日オープン



【連載】
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.87
日本流ソルドで百貨店ブランドの向上を
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.15
京浜急行電鉄(株) 取締役
  生活事業創造本部統括管理部長兼品川開発推進室部長 川俣幸宏氏
祝 IPO 成長戦略を語る No.3
(株)一家ダイニングプロジェクト 代表取締役社長 武長太郎氏
跡地開発 ~商業が創る賑わい~ No.3
市場編



開店フラッシュmini
ラリン原宿表参道店
MIMARU東京 上野NORTH
サイト内検索