商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/11/7(2218号)主なヘッドライン
18年以降にオープンする注目の商業施設
都内で複合型に存在感

 「五輪」「人口減少」「Eコマース」「インバウンド」がクローズアップされ、働き方や生活スタイルが変化していく中で、2018年以降にオープンを予定する商業施設は、こうした変化に対応した特徴を打ち出している。とりわけ、都心型商業施設が続々誕生するなど存在感を示しており、また大型のRSC(広域型SC)はかつての勢いはないが、その一方で再びアウトレットが勢いを増している。そして右肩上がりで増加するインバウンドに向けて、ホテル整備も増えており、これらを組み合わせた複合型が目立っている。

(以下、本紙2017年11月7日号1面)



関東/中部
相鉄グループ、JOINUS TERRACE二俣川、SM核に90店を集積
北海道/東北
グリーンファイル、仙台市街地に新施設
近畿/中国
京都平安振興財団、平安神宮内に新施設
九州/四国
JR博多シティ、上期営業動向、売上高は前期比106%
小売業界動向
スギHD、中期目標、20年度売上高8000億円
街づくり/都市開発
千葉駅西口再開発、特定建築者を公募
ホテル&サービス
グランビスタホテル&リゾート、新ホテルブランド開発
ロジスティックス
GLP、流山III着工、8.9万m²で19年2月竣工
店舗・施設関連
グリーンフィールド、壁面緑化パネル「ビスタグリーン」、
  空間デザイン展に出展
外食産業動向
柿安本店 17年度下期、和菓子中心に16店出店



【連載】
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.83
シニアマーケットは3Eがキーファクター
駅激戦区 人×商業 No.147
高崎駅



開店フラッシュ
リノアス
開店フラッシュmini
ベルシュカ渋谷店
サイト内検索