商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/9/19(2211号)主なヘッドライン
ディスカウント、好調持続          
ドンキ中心に17年度も堅調

 安価を武器に、デフレ時代で成長を続けてきたディスカウント(DS)業界。最大手のドンキホーテホールディングスを中心に、2016年度の売上高は比較可能な8社平均で前年比5%強と好調だった。ただ、他業界もDSカテゴリーに参入してきており、競争が熾烈になっているとともに、DS業態の境界線があいまいになってきている。また、成長には低コスト出店がカギとなるが、これを支える空き物件が不足している。この状況をどう打破するか注目だ。

 2016年度の主要DS各社の業績は、会社ごとに成長の差はあるものの、売上高ではおおむね前年度を上回る結果を見せた。不景気にも強く、今日まで成長を続けてきたDSだが、近年はドラッグストア(DgS)などもDSのフィールドに進出している。例として、九州地方で40%近くのシェアを占めるコスモス薬品では、食品の売上比率が55%にまでのぼっており、もはや「医薬品も揃えた便利な小売店」としての様相を見せている。
 一方でDSも、GMSとDSなどを融合させたスーパーセンター(SuC)業態の出店に力を入れている。またドンキホーテHDが生鮮品を扱う店舗を拡大するなど、食品への注力傾向もみられるが、DgS、GMSなどの取り組みと結果的に似通った方向性となっており、いわば「DS」という業種の垣根が薄れている状況だ。

(以下、本紙2017年9月19日号1面)



関東/中部
みなとみらい東急スクエア、10月27日に改装開業
北海道/東北
イオンモール利府SC、着工は9月以降に
近畿/中国
アクロスプラザ八尾曙川、近畿最大級のNSC
九州/四国
博多阪急、4階婦人服を改装
小売業界動向
ドンキHD、17年度は30店前後出店
街づくり/都市開発
武蔵小金井駅南口再開発、延べ10.8万m²ビルを着工
ホテル&サービス
大阪府、咲洲庁舎にホテル
店舗・施設関連
ミマキエンジニアリング、インクジェットプリンター、印刷と切断 1台で実行
外食産業動向
赤坂インターシティAIR、商業ゾーンに15店出店



【連載】
駅激戦区 人×商業 No.140
浜松町II
Jプラン鳥山の だから開発はオモシロイ No.36
変化と進化
輝け!従業員 ES新時代 デベロッパーの支援を追う No.1
イオンモール
CBRE ホテルマーケット展望 (下)
名古屋・大阪・広島・福岡




開店フラッシュmini
パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ
サイト内検索