商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/8/1(2204号)主なヘッドライン
テーマパーク、開発競争熾烈     
TDR、USJが大型投資

 テーマパーク業界各社の開発が全盛期に突入しつつある。各社はアトラクションやパレードの増強・更新、拡張を図り、将来に向けた投資を相次いで発表し、とりわけ国内2強が大型投資を敢行する。客層はファミリー層だけでなく、若年層からシニア層まで幅広く取り込み、最近はインバウンドの来場も増えるようになった。参加型や時間帯の見直しで集客力が増したことが背景にあり、その結果、年間入場者数が過去最高を更新している施設もある。今後もインバウンド客の取り込みを視野に入れ、大型投資により施設充実を図り、一層の集客を狙う算段だ。

■過去最高に迫る入場者数
 ここ数年、テーマパークの入場者数は右肩上がりで伸びている。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」は入場者数の過去最高記録を3年連続で更新。「ハウステンボス」も2015年度に、15年ぶりとなる300万人超えを達成した。「サンリオピューロランド」も、16年度に開業以来2番目の高水準となる180万人を記録。「東京ディズニーリゾート(TDR)」に至っては、23年までの目標であった3000万人を、13年度にあっさり超えてしまった。
 入場者数が増えた要因は2つある。ひとつは、アトラクションやパレードの充実。TDRの新アトラクションの「ニモ&フレンズ・シーライダー」や「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」の開業は記憶に新しい。加えて、各社はパレードの更新も実施しており、以前は“観賞”するパレードであったが、今では“参加”するパレードが主流を占める。
 もうひとつは、時間帯や年齢層など、新たな需要を喚起したことである。これまでは昼の来場が多かったTDRも、夜にプロジェクションやパレードを実施することで、昼も夜も賑わうようになった。ハウステンボスのナイトプールも同様に、夜の需要を掘り起こした。

(以下、本紙2017年8月1日号1面)



関東/中部
イオンタウン、7棟構成の本巣SC
北海道/東北
宮城県、松島水族館跡地、事業者を丸山に決定
近畿/中国
関西エアポート、大阪空港の店舗改装
九州/四国
サンエー、浦添市で大型開発
アジア/海外
野村不動産と三越伊勢丹HD、フィリピンで複合開発
小売業界動向
チヨダ、3カ年で125店を出店
コスモス薬品、18年5月期出店は97店計画
街づくり/都市開発
大和ハウス工業、新宿で大型複合ビル着工
ホテル&サービス
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、
  ホテル・ザ・エム金沢雨庵、最上級ブランドで47室
ロジスティックス
プロロジス、プロロジスパーク京田辺、延べ約16万m²で着工
外食産業動向
鉄道会館、グランスタ4期開業



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.235
(株)サン・ストラッセ 代表取締役 広瀬武男氏
商いの新しいものさし (株)商い創造研究所 松本大地 No.80
ペットと歩む人と社会のあり方
インバウンド4000万人時代 ホテル最前線 キーパーソンに聞く No.11
価値開発(株) 専務取締役ホテル事業本部長 杉本邦洋氏
祝 IPO 成長戦略を語る No.1
(株)力の源ホールディングス 代表取締役会長兼CEO 河原成美氏



開店フラッシュ
JRさいたま新都心ビル(商業ゾーン)
開店フラッシュmini
Beauty U
インタビュー
(株)ラックランド 代表取締役社長 望月圭一郎氏
新宿は、いま(上)
サイト内キーワード検索