商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/6/20(2198号)主なヘッドライン
GMS業界、まだら模様     
“退店派”2社は回復基調

 流通大手のイオン、イトーヨーカ堂、ユニーなどの総合スーパー(GMS)業界は、2017年度も三者三様の改革を継続し、業績不振からの脱却を目指す。15年度から始まった“GMS大改革”も3年目に突入し、大量閉店や経営統合など様々な策を実行しているが、明確に結果が出ているかと言えば疑問符がつく。そんな中、各社の取り組みで共通しているのが“GMSのSC化”。これにより、弱点である衣料品や住居関連品の回復を狙う。出店は18~19年度をめどに再開すると見られ、その準備に向けた今年度の役割は大きい。

 16年度(17年2月期)の各社決算は、イオンGMS事業が営業収益3兆122億6300万円(前期比6.1%増)、営業利益24億8100万円(同73.6%減)、イトーヨーカ堂は営業収益1兆2550億1700万円(同2.7%減)、営業利益5200万円(前期139億8000万円の営業損失)、ユニーは営業収益7420億3200万円(前期比2.1%減)、営業利益138億6600万円(同30.5%増)だった。
 特に業界トップのイオンGMS事業は、食品スーパーやディスカウントストア、小型店、ドラッグ・ファーマシー、デベロッパー、サービス・専門店など国内主要事業の中で唯一の減益となった。退店ではなく新型のGMS業態「イオンスタイル」への改装で乗り切る構えで、イオンスタイルは好調なものの、旧型GMSが足かせとなり、16年度は厳しい結果だった。

(以下、本紙2017年6月20日号1面)



関東/中部
東急モールズデベロップメント、SHIZUOKA109、「静岡スクエア」に転換
北海道/東北
ザ・モール仙台長町、今秋全面リニューアル
近畿/中国
三菱地所ら、京都府にアウトレット
九州/四国
三菱地所、MARK IS 福岡ももち、18年秋開業へ向け着工
アジア/海外
エイチ・アイ・エス、ベトナムに高級ホテル
小売業界動向
レナウン、低価格新ブランド、世界も視野に18年春投入へ
マツモトキヨシHD、17年度出店は100店計画
街づくり/都市開発
栃木県経済同友会、宇都宮中心部再整備、2040年目標に再開発
ホテル&サービス
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、
  ロードサイド型「ハタゴイン」、ホテル新ブランド誕生
店舗・施設関連
店舗開発ジャパン、TePro会員サービス、1000円で店舗開発支援
外食産業動向
本と珈琲 梟書茶房、エソラ池袋に6月末開店



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.229
サムティ(株) 不動産本部 不動産事業部長 高橋雅史氏
駅激戦区 人×商業 No.133
立川II
Jプラン鳥山の だから開発はオモシロイ No.33
大いなる勘違い



開店フラッシュ
キュープラザ二子玉川
開店フラッシュmini
チーズキッチンラクレ
サイト内キーワード検索