商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
Last update: 2017.1.17
ヘッドライン
韓国のある太陽光ウエハーメーカーのライン内部の様子
2017年1月10日(第2175号)主なヘッドライン
事業基盤を強固に
 2017年が幕を開けた。消費に力強さが見えないなか、流通小売業界は不振組と勢力拡大組に二極化している感さえある。20年の東京五輪、19年10月の消費税増税前…全て読む
オンライン特別企画
新しい集客ツールとして「食」がクローズアップされ、「飲食」や「食物販」要素を強化するアパレルブランドや商業施設が増えている。カフェはもちろんのこと、スイーツ、ベーカリー、グロサリーやワインショップなど多種多様な食要素を導入することで、「衣」にプラスアルファを加え、ライフスタイルを提案するのが潮流だ。ワインショップ・エノテカを全国に約60店展開するエノテカ(株)も従来強かった百貨店立地に加え、駅ビルやファッションビルといった新しい立地でも店舗網を広げている。さらに新業態の構想もあるという。同社の今後の展開について、ワインショップ事業部 販売推進部 開発担当 課長の佐々木俊浩氏に話を聞いた。 …全て読む
ビジネスの勘どころとなる貴重なデータ、公開中
■File619■(2017.1.17)
三重県内における主な商業施設・ホテル計画
商業施設新聞記者がつぶやくコラム
■No.590■(2017.1.17)
1月の行事で賑わう神社
連載archives
新着情報
商業施設新聞とは
ショッピングセンターおよび商業・駅ビルの新増設計画やデベロッパー動向、そして小売、外食企業を中心に、ホテル、フィットネス&スポーツクラブ、アミューズメント、ブライダル施設を展開する各社の出店計画を詳細に報道しています。
サイト内キーワード検索
メール登録セミナー情報出版情報