電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
第230回

中国BOEはついに韓国LGを抜いて大型液晶パネルで世界1位


~久保島副総裁が語るIoTディスプレーソリューションの未来~

2017/4/21

中国BOEはついに大型液晶パネルで世界一になった
中国BOEはついに
大型液晶パネルで世界一になった
 「この1月にBOEはついに、大型液晶パネル出荷枚数で世界1位に躍進した。強敵の韓国LGディスプレイに打ち勝ったのだ。世界シェアは22.3%となった。もちろん次の有機ELステージでも絶対負けない」

 控えめな口調ではあるが、眼光鋭くこう語るのはBOEジャパンの代表取締役社長であり、BOEテクノロジーグループの副総裁でもある久保島力氏である。全くもってBOEは、本格的に電子ディスプレー分野に参入してわずか数年でトップに上り詰めたのだ。これはサプライズというほかはないだろう。

 スマホ/ケータイ向けディスプレーでは5億台に供給しており、シェア25%で世界1位となっている。タブレット向けもシェア38%で世界1位、ノートブックPC向けもシェア21%で世界1位なのだ。

 こうなれば何としても狙いたいのは大画面の勝負となるテレビにおいて、世界トップに躍り出ることだろう。現状はシェア17%で世界3位となっている。BOEがユニークであるのは「テレビ向けディスプレーを拡大するのであれば、ついでに完成品のテレビ工場も作ってしまえ」と考えたことで、合肥の8.5世代液晶工場に隣接して1500万台を生産できるテレビ工場を立ち上げてしまった。この工場はさらに増強しており、1800万台まで引き上がる。おまけに、合肥にはガラス材料工場もあり、何とガラスからテレビまでの一貫生産を達成しているために、コスト面でのメリットは計り知れない。合肥工場においては、大量のロボットを使っての無人化も進んでいるという。

 「BOEが提唱する新たな取り組みは、IoTディスプレーソリューションである。現在世の中にあふれている情報案内ボードは一方的で画一的なメッセージ発信のみで、注目や感動を与えることはできない。私たちのソリューションを使えば、モバイルによりログインし、タッチや非接触センサーなどで個人とIoTディスプレー端末が双方でつながるのだ」(久保島氏)

 このIoTディスプレーソリューションのアプリとしては、家庭用冷蔵庫、店舗受付、病院、デジタルサイネージなどがあり、蓄積されたビッグデータはAIにより処理分析され、個人に有用な情報をあたかも人間と会話しているように語りかけてくれるのだ。筆者は液晶ディスプレー関連の大型展示会である「ファインテック ジャパン」の会場においてBOEの8Kハイビジョンテレビを拝見したが、素晴らしいものであった。そしてまた、透明ディスプレーを使った家庭用冷蔵庫は、中に収納されているものが一目で分かり、なおかつ人と会話することで様々な調理法を教えてくれたりするので驚いてしまった。

 BOEによれば、家中の窓も将来は透明ディスプレーとなり、普段の景色以外に東京の夜景、アルプスの山並みやハワイの海岸を一瞬にして映し出し、その場に連れて行ってくれる疑似体験ができるという。また、リビングテーブルは大画面フラットディスプレーとなり、全員でショッピングを楽しんだり、遠方の祖父母や友達と話し合ったり、これまでバラバラになりがちな家族を再び集わせる中心になるというのだ。

 「フレキシブルタイプの有機ELについても数カ所で量産工場を立ち上げていく。8Kハイビジョンを実現できれば医療における遠距離診断が可能になるため、ヘルスケア事業を充実させたいと思っている」(久保島氏)

 有機ELディスプレーを使った医療分野への展開を狙うBOEは、とうとう病院建設事業にも乗り出してしまったのだ。すでに北京および合肥で病院を開設しており、順次中国各地に病院開設を計画していくという。よく考えてみれば、こうしたBOEの事業展開はかつて日本の大手エレクトロニクス企業のほとんどが声高に叫んでいたものだ。しかしながら日本勢はこれを実現できなかった。

 その夢を実現したのが中国BOEであるという事実は、実に重いものがある。中国恐るべし、との感想はファインテック会場のあちこちで聞かれることであった。そしてまた、「日本勢は何をやっているんだ」という怒りの声が多く上がっていたことも付記しておきたい。


泉谷 渉(いずみや わたる)略歴
神奈川県横浜市出身。中央大学法学部政治学科卒業。30年以上にわたって第一線を走ってきた国内最古参の半導体記者であり、現在は産業タイムズ社 社長。著書には『半導体業界ハンドブック』、『素材は国家なり』(長谷川慶太郎との共著)、『ニッポンの環境エネルギー力』(以上、東洋経済新報 社)、『これが半導体の全貌だ』(かんき出版)、『心から感動する会社』(亜紀書房)など19冊がある。一般社団法人日本電子デバイス産業協会 理事 副会長 企画委員長。全国各地を講演と取材で飛びまわる毎日が続く。
サイト内キーワード検索