商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
No.598

観光魅力度最下位の茨城でねば~る君が奮闘


笹倉 聖一

2017/3/14

表彰式の記念写真に一緒におさまる「ねば~る君」
表彰式の記念写真に一緒におさまる
「ねば~る君」
 納豆のねばつきを表現する「ネバァー、ネバァー」という高周波な声とともに、茨城県のゆるキャラ「ねば~る君」が現れ、「(茨城県観光の)魅力度最下位、伸びしろナンバーワン」と気炎を上げた。2月に行われた「平成28年度 いばらきイメージアップ大賞 表彰式」(東京都千代田区、都道府県会館)後の一コマである。ねば~る君とは、茨城名物の納豆を形どった同県のご当地キャラクターである。話すときは語尾に「ネバーッ」を付けて会話し、納豆のねばつきを自ら表現する。色は茶色で、背丈は大人より少し小さいが、興奮したり、茨城を大きくPRする際には頭上3m近くへ伸びることができる。

 ねば~る君は、2016年の同表彰式で裏大賞をとった。15年に受賞対象にならなかったことに腹を立てて「茨城県のために熱烈なPR活動をしているのに、なぜ受賞対象にならないのか」と、ねば~る君当人が表彰式会場に苦情を言って乗り込んだことに県担当が恐れおののき、その翌年の裏大賞の授与となったそうだ。

 ねば~る君は声が甲高く、個性的で怒りっぽい性格を持つ。17年2月の表彰会場では、茨城県の観光名所や物産、文化をPPAP風の「PWNP」にして披露しようとしたところ、マイクの音が途切れて音声が出なかった。すると、ねばーる君は、「誰かがわざとマイクの音声スイッチを切ったネバーッ」と自分が陥れられたかのように思い込み怒り出した。会場全体は爆笑し、列席していた県知事の橋本昌氏も大笑いしていた。

 その後の記者会見で「ねば~る君は男性ですか、女性ですか」と尋ねられると、「(自分は)納豆の妖精をイメージしたキャラクターなので、男でも女でもないネバーッ。男女差別は良くないネバーッ」と語気を荒げた。他県のゆるキャラは、可愛がられ、愛されて活動するのだが、ねば~る君は違う。怒りっぽく、攻撃的で、少し怖がられながら笑いをとって存在感を示し、県をPRする。背後からは、わら納豆のわらを帽子にしてかぶった人が付き人のように歩く姿がまた笑いを誘う。

「稀勢の里」流の四股踏みで会場を沸かせる「ねば~る君」
「稀勢の里」流の四股踏みで会場を沸かせる
「ねば~る君」
 「平成28年度 いばらきイメージアップ大賞 表彰式」では、アーカスプロジェクトから県北芸術祭(大賞)、鹿島アントラーズ・エフ・シー(大賞)、茨城の誇る地酒(奨励賞)、江戸崎かぼちゃ(奨励賞)、牛久大仏(観光誘客特別賞)が表彰された。17(平成29)年になってからは、日本人横綱として人気沸騰した「稀勢の里」(茨城県出身)にあやかって、ねば~る君はまわしを締めて登場し、四股踏みを見せて茨城の相撲の強さもPRした。

 文化やスポーツ水準が高く、美味しい名産品も多く、日本2位の農産物出荷高を誇る茨城県だが、某アンケート調査などによると、観光地としての魅力度は47都道府県中で最下位が続いているそうだ。大自然による著名な観光地が少なく、首都・東京の陰に隠れて影が薄いためらしい。そこから冒頭のねば~る君の発言が飛び出し、「魅力度最下位、伸びしろナンバーワン」と叫んで天井まで背が伸びた。ねば~る君の憎まれっ子的な性格をPR役として表に出し、観光地としての魅力度最下位の逆風を逆手に取った今後の茨城県の観光戦略の展開に注目したい。

 そんな茨城県から日本三大名園の偕楽園と、つくば山で梅まつりが始まったとの便りが届いた。納豆と春を楽しみに観光に行くネバーッ。
サイト内検索